闘病マニア

1999年3月22日にくも膜下出血、2005年2月4日からの人工透析してるPKD(多発性嚢胞腎)患者の闘病を主に書いてます。闘病生活も10年を超えると生き延びる為に自分の病気にやたら詳しくなりマニア化して色々な秘訣やコツを習得してます。少しマニアック過ぎるかも知れませんが自分の習得した知識を皆様と共有出来ればと思いこのブログを書いてます。

気圧の谷とくも膜下出血の後遺症

f:id:nannbyou67:20180219050730j:plain

2月17日(土)休日出勤でしたが低気圧の通過と気温の低下で左側の動きが悪かったです。


冬は基本的に体調不良

冬の気温がマイナスの日の朝はくも膜下出血してから左側が動かない事が有ります。

初めのうちは左側が急に動かなかったり左の目が見えない時が時々有るので難儀しました。

現在はくも膜下出血してから18年もこの体とお付き合いしてるのでコツを習得してるので大丈夫です。

兎に角、暖かくする事が重要で部屋を暖めて朝風呂に入り体の芯から毎朝温める事にしてます。


気圧の変化も駄目

気温がマイナス以下に下がるのも駄目ですが気圧の低下も急激に体調が悪くなります。

昔から気圧が下がると体調が悪かったけどくも膜下出血してからは更に気圧の低下には敏感になりました。

なので現在は高速で移動するエレベーターに乗っても体調が崩れるので高層の建物には行かない様にしてます。

花粉症では無いけど痒くなるので春は好きでは無いですが冬の体が動かない状態に比べれば楽になるので春は待ち遠しいです。

日は長くなって来てるので春はもうそこ迄来てるとは思いますが寒波の襲来が収まらないので引き続き防寒対策をして春を待ちます。

気圧の谷とくも膜下出血の後遺症

f:id:nannbyou67:20180219050730j:plain

2月17日(土)休日出勤でしたが低気圧の通過と気温の低下で左側の動きが悪かったです。


冬は基本的に体調不良

冬の気温がマイナスの日の朝はくも膜下出血してから左側が動かない事が有ります。

初めのうちは左側が急に動かなかったり左の目が見えない時が時々有るので難儀しました。

現在はくも膜下出血してから18年もこの体とお付き合いしてるのでコツを習得してるので大丈夫です。

兎に角、暖かくする事が重要で部屋を暖めて朝風呂に入り体の芯から毎朝温める事にしてます。


気圧の変化も駄目

気温がマイナス以下に下がるのも駄目ですが気圧の低下も急激に体調が悪くなります。

昔から気圧が下がると体調が悪かったけどくも膜下出血してからは更に気圧の低下には敏感になりました。

なので現在は高速で移動するエレベーターに乗っても体調が崩れるので高層の建物には行かない様にしてます。

花粉症では無いけど痒くなるので春は好きでは無いですが冬の体が動かない状態に比べれば楽になるので春は待ち遠しいです。

日は長くなって来てるので春はもうそこ迄来てるとは思いますが寒波の襲来が収まらないので引き続き防寒対策をして春を待ちます。

シェア禁止の2018年診療報酬改定について

f:id:nannbyou67:20180218144314j:plain

昨日(2/17)Facebookでシェア禁止の2018年診療報酬改定の説明スライドを見ましたが予想通り全体的には診療報酬は下げになりそうです。


慢性維持透析の区分

慢性維持透析の区分の最終的な数字が出てないので何とも言え無いけど区分1、2、3では相当違ってくるので病院の経営に大きな影響を受ける所が出そうです。

 

自分の場合

慢性維持透析の区分が1になると仮定して自分の場合は現在夜間透析で4時間半してるので4時間半の1回の透析では35点下げだけど夜間透析で80点加算が有るので45点が追加になる様です。

45点が加算されるって事は1回の透析は450円が加算され、透析は月に13回とすると月額5,850円のプラスになるようです。


生かさず殺さず

主な透析患者が行ってる4〜5時間の透析では1人当たりHD、o-HDF共に1回35点の下げで月額4,550円のマイナスです。約1.5%の値引きって事になります。

厚労省の方が考えた計算方法で上手に考えられていて現状のままだと全体的には診療報酬が下がりますが何とか凌げる数値で生かさず殺さずですね。

ただし診療報酬が下がった施設はどこかで穴埋めしないとなので看護師の数や通院送迎などに影響が出ると考えられますが夜間透析だけに限ればプラスの改定なので影響は少ないと考えます。

今回の診療報酬の下げをキッカケに診療報酬の点数の高い5時間透析が普及すれば良いですが労務の問題に手を付けないとなので厳しそうです。


【追記】

今回はo-HDFで3時間半透析されてる方は慢性維持透析の区分が1ですら透析1回の点数が195点下がります。

月額にすると1人当たり25,350円減るので透析治療への影響が避けれないと考えます。

病院が30分延長するなら良いけど透析を止める事にならないか今から危惧してます。

 

 

 

 

 

2/12の血液検査の結果

f:id:nannbyou67:20180218052135j:plain

2月10日から2月12日の三連休で大阪から乗り鉄の友が来たりオフ会が有ったりしてリンの値と中性脂肪の値が跳ね上がった血液検査の結果でした。


BUNは低いのにリンと中性脂肪が高い???

血色素量は12.8から13.3と少し上がりました。ヘマトクリット(Ht) は41.4から42.0に上がりましたが最近は45を下回って安定してるので良かったです。

7年ぶりの風邪でしたがCRPは0.48から0.25に下がってました。

BUN(透析前) 前回42.9でしたが今回オフ会などで食べたので57.2に上がりましたが基準値より低いです。

カリウムは前回4.7で今回もガッツリ野菜や果物を摂取してたけど4.9でした。

カルシウム(Ca) は3回続けて9.0有り一安心です。

リン(P)は前回7.1と高くなりましたが今回更に上がり7.9でした 。

中性脂肪は405、HDL-chとLDL-ch共に36で脂質異常なので糖質を控えないとです。


血液検査のまとめ

BUNは低いのに中性脂肪とリンの値が跳ね上がってます。オフ会で食べたしラーメンやおにぎりが多かったり晩酌でのチーズを減らし方が足りない様なので少し食生活を見直す必要ありそうです。

自分的には確り食べたので風邪が治り一安心ですが血液検査の結果が良くなかったので対策を講じないとです。

リンはタンパク質など、中性脂肪は炭水化物などの制限で脂質でカロリーを取れば良いのですが胆管炎をしたばかりなので脂質の制限も有り食事の管理は面倒なことになってます。

三大栄養素全てに制限が有るので今後も血液検査の結果を見ながら食事の調整に努めます。

失意の中での透析 (2/16の透析)

 

本日は17時35分に着床で待機2分の17時37分スタートです。本日の体重は5.5%の増えで4.8kgの増加でした。


今日の透析の途中経過

透析開始の血圧の上97下57で本日の透析はスタートしました。透析開始から2時間半の定期の血圧測定は上103下64でした。透析終了前30分の血圧は上101下51でした。


今日の透析まとめ

透析終了時の血圧は30分前が良かったので割愛で無事に終わりました。明日(2/17)が急遽出勤になり久しぶりに競馬の予定でしたが中止になり失意の中での透析でした。

悪い話は続くものでフェブラリーSの日は大勝負する予定で新潟競馬場に行く予定でしたが大荒れの天気になりそうで中止が濃厚でそれに加えて血液検査の結果も悪く現在凹んでます。

2/17の休日出勤は午前中で仕事をサクッと終わらせてフェブラリーSの検討会に参加して凹んだ気持ちを立て直したいと思います。

 

 

診療報酬改定は鬼が出るか蛇が出るか

f:id:nannbyou67:20180215221505j:plain

皆さまご存知と思いますが2月7日に全腎協から2017 年度「全腎協ニューズレター」第 5 号で診療報酬改定速報が発表されました。


改定の内容

①夜間・休日加算の充実、②長時間透析(6時間以上)の新設、③腹膜潅流にかかる入院料の包括化の見直し、④ 施設の効率性と医薬品実勢価格を踏まえた人工腎臓の見直し、⑤ 慢性維持透析濾過(複雑なもの)に時間に応じた評価体系の導入、⑥ 移植術後の経過中に実施される抗HLA抗体検査の評価


上記の内容で素直に喜べる内容は①の夜間・休日加算の充実だけでその他は開けて見て実際に運用して初めて分かると思われます。

 

f:id:nannbyou67:20180215221544j:plain


長時間透析の新設

今回の長時間透析の新設で持ち出して行ってる長時間透析が認められ良かったと言ってる長時間透析の方が多いのは知ってますが相手は厚労省の方なのでそう簡単には行かないと思います。

今回の長時間透析に①「心不全兆候を認める、または血行動態の不安点な患者」②「適切な除水、適切な降圧薬管理、適切な塩分摂取管理を行っても高血圧状態が持続する患者」③「高リン血症が持続する患者」と3つの条件が付いてます。

厚労省の運用次第ですが6時透析を受けることの出来る人は①の「心不全兆候を認める、または血行動態の不安点な患者」しか対象にならない気がします。


施設の効率性と医薬品実勢価格を踏まえた人工腎臓の見直し

この「施設の効率性と医薬品実勢価格を踏まえた人工腎臓の見直し」こそ厚労省の役人の腕の見せ所と感じました。

現時点では具体的な数字が出てないので動き様が無いですが「生かさず殺さず」と言う数字が3月に提示されると思ってます。


流れに身を任せる

なる様にしかならないので一喜一憂しても仕方ないけど診療報酬の改定の影響で真っ先に「通院送迎が無くなる」とか「スタッフが一名少なくなる」とかが考えられます。

「志の低い透析施設」、「やってもらって当たり前の患者」には厳しい診療報酬改定になるのは間違えなさそうです。

診療報酬改定の影響は改定して直ぐには出ずに出てくるのは半年はかかると思われるので確り準備して今年の10月を迎えたいと思います。

 

 

 

久々に3回の穿刺(2/14の透析)

f:id:nannbyou67:20180215060000j:plain

本日は17時35分に着床で待機9分の17時44分スタートです。本日の体重は5.9%の増えで5.1kgの増加でした。今日は久しぶりに新規開拓したら穿刺が3回でした。


今日の透析の途中経過

透析開始の血圧の上101下51で本日の透析はスタートしました。透析開始から2時間半の定期の血圧測定は上100下68でした。透析終了前30分の血圧は上112下72でした。


今日の透析まとめ

透析終了時の血圧は30分前の血圧の上が110より有ったので割愛になりました。

今日は穿刺が久しぶりに失敗して3回でしたがどれも痛点を外れてたので痛くなく助かりました。


【参考情報】

本日の透析環境は前回と変わらずHD(血液透析)でダイャライザー 東レ NV–26U、ヘパリンは初回1000U持続1400U/h 、QB(血液流量)350ml/min、QD(透析液流量)500ml/min、DW(ドライウェイト)は86.5kg、針は16G(ゲージ)で4時間半の透析でした。