闘病マニア

1999年3月21日にくも膜下出血、2004年2月4日からの人工透析してるPKD(多発性嚢胞腎)患者の闘病を主に書いてます。闘病生活も10年を超えると生き延びる為に自分の病気にやたら詳しくなりマニア化してます。ただし不良透析患者なのでコイツ大丈夫と思われる事も多いと思いますが反面教師として役立てて頂けると幸いです。最後にくも膜下出血して透析してても元気にやって行ける事が多発性嚢胞腎の皆様に伝われば何よりです。

2019-02-17から1日間の記事一覧

腎臓関係の会議・講演会・勉強会に思う事

現在、患者会はPKDFCJ(多発性嚢胞腎財団日本支部)と一般社団法人全国腎臓病協議会(略称:全腎協)の新潟県腎臓病患者友の会に参加しています。 患者会に感じている事は会議、講演会などに参加する場合は交通費、移動時間がかかり貴重な休日の1日を丸々潰す…

「しんだい(新大)」は新潟の方言

新潟県で医療を受ける場合は新潟大学医学部を卒業している先生が多いです。そして先生の経歴を話す時は「新潟大学の先生」とは言わず「しんだい(新大)の先生」と言います。 神奈川4年、東京3年住んでいたので「しんだい」と言えば関東では信州大学、関西では…