闘病マニア

1999年3月22日にくも膜下出血、2005年2月4日からの人工透析してるPKD(多発性嚢胞腎)患者の闘病を主に書いてます。闘病生活も10年を超えると生き延びる為に自分の病気にやたら詳しくなりマニア化して色々な秘訣やコツを習得してます。少しマニアック過ぎるかも知れませんが自分の習得した知識を皆様と共有出来ればと思いこのブログを書いてます。

月曜は増えてしまう(2017/06/19の透析)

 透析

本日の透析の環境は変わらずHD(血液透析)でダイャライザー 東レ NV–26U、ヘパリンは初回1000U持続1400U/h 、QB(血液流量)350ml/min、QD(透析液流量)500ml/min、DW(ドライウェイト)は86.8kg、針は16G(ゲージ)で4時間半の透析です。

始め

今朝は91kgだったので1kg増えて92kgの6%の増加で入室する予定でしたが量ったら1.7kgも増えていて6.8%増加の92.7kgでした。折角飲み会に参加しても増やさなかったのに本日暑くて汗をかいたからと言って飲みすぎて増やし反省してます。メッチャ眠いですが開始時の血圧の上は101有って一安心です。

真ん中

今日は30分ほど仮眠出来たので透析開始から2時間半経過時点での血圧の上は111に上がりました。自分の場合体調が悪いと除水量が少なくてもプラズマリフィリング(血漿再充填)が除水速度に追いつかず血圧の上が80台に低下する事が多々発生するので一先ず安心です。

終わり頃

終了1時間前の血圧測定で血圧の上が97に下がったので液温を35℃まで下げ何とか終了30前の血圧の上が107まで回復しました。80台になっても痙攣しないので今日は無事に透析が終われそうです。

本日の透析のレビュー

今日の透析は2日開く月曜なので体重の増加6%以内を目標にしましたが日中に脱水防止として飲んだのが過剰引水になり6.8%も増やしてしまいました。なので700g残す設定で透析をして貰いDW86.8kgのところ87.5kgで終わる事が出来ました。

最後にエアウィーヴ(マットレス)を今日は忘れず持参したので本日の透析では腰の痛みが少なく助かりました。