闘病マニア

1999年3月22日にくも膜下出血、2005年2月4日からの人工透析してるPKD(多発性嚢胞腎)患者の闘病を主に書いてます。闘病生活も10年を超えると生き延びる為に自分の病気にやたら詳しくなりマニア化して色々な秘訣やコツを習得してます。少しマニアック過ぎるかも知れませんが自分の習得した知識を皆様と共有出来ればと思いこのブログを書いてます。

食べ過ぎに注意(2017/06/26の透析)

本日の透析の環境は体重増加が8.6%と多いですが、それ以外は変わらずHD(血液透析)でダイャライザー 東レ NV–26U、ヘパリンは初回1000U持続1400U/h 、QB(血液流量)350ml/min、QD(透析液流量)500ml/min、DW(ドライウェイト)は86.8kg、針は16G(ゲージ)で4時間半の透析です。

始め

本日はお腹が空いたので普段食べない食事をしてからの透析なので血圧上は105下が78、体重の増加が8.6%の94.3kgとメッチヤ多いので1kg残して6.5kg除水に設定してスタートしました。

真ん中

疲れていたのかご飯食べた後なのか理由は分かりませんが中間の血圧測定までの2時間半爆睡で中間の血圧の上は98でした。

終わり頃

沢山除水をしてるので1時間前に念のため血圧測定したら上は113下が72なので一安心でしたが右の脹脛が痙攣しそうで厄介でしたが最後まで血圧は下がらず痙攣しなくて済み透析は無事に終わる事が出来ました。

本日の透析のレビュー

今日の反省点としてお腹が減ったからと言って普段透析前に食事を取らないのに食べて6%よりも1kg多い体重なってました。今後は通常通り透析前に食事を取らずに透析に臨む様に心掛けます。

【追記】

翌朝(6/27)の体重はDWの86.8kgだったので今回は透析前の食事が余計でした。