闘病マニア

1999年3月22日にくも膜下出血、2005年2月4日からの人工透析してるPKD(多発性嚢胞腎)患者の闘病を主に書いてます。闘病生活も10年を超えると生き延びる為に自分の病気にやたら詳しくなりマニア化して色々な秘訣やコツを習得してます。少しマニアック過ぎるかも知れませんが自分の習得した知識を皆様と共有出来ればと思いこのブログを書いてます。

痩せたかな???(2017/06/30の透析)

2017/06/30の透析

前回の透析で300g除水が多かったのでオマケが有りましたが本日の体重増加は3%の2.6kg増えて89.4kg開始です。透析の環境は変わらず液温35℃、HD(血液透析)でダイャライザー 東レ NV–26U、ヘパリンは初回1000U持続1400U/h 、QB(血液流量)350ml/min、QD(透析液流量)500ml/min、DW(ドライウェイト)は86.8kg、針は16G(ゲージ)で4時間半の透析です。

始め

昨夜は蒸し暑くて眠れず現在メッチャ眠いので透析開始の血圧は低く上が93からのスタートです。血圧が下がると嫌なので液温を35℃で後半の血圧低下防止のため透析の前半は寝て過ごします。

真ん中

今日も2時間半の定期の血圧想定の前に1時間ほど仮眠が取れたので血圧は上107下67と回復しました。今日はスタートから300g多く段階で除水してましたがもう少し除水出来そうで残り時間も2時間有るので液温を34℃に下げて100g除水を増やしてしてもらいました。

終わり頃

残りの2時間は血圧計を腕に巻き30分毎の自動測定、1時間前【上117下68】、1時間前【上123下】今日は1時間前の血圧の上が123も有るので血圧の低下は無いと判断されて腕に巻いてた血圧計は外れました。

本日の透析のレビュー

もう200gは引けそうでしたが今日は帰りに夕飯を外で食べて帰る予定だったので無理な除水は控えました。この体調だとドライウェイトは500gは下がってる様で停滞していた減量の成果が出て来た様です。