闘病マニア

1999年3月22日にくも膜下出血、2005年2月4日からの人工透析してるPKD(多発性嚢胞腎)患者の闘病を主に書いてます。闘病生活も10年を超えると生き延びる為に自分の病気にやたら詳しくなりマニア化して色々な秘訣やコツを習得してます。少しマニアック過ぎるかも知れませんが自分の習得した知識を皆様と共有出来ればと思いこのブログを書いてます。

5.8kgの除水が限界(2017/07/03の透析)

本日の透析の環境は変わらずHD(血液透析)でダイャライザー 東レ NV–26U、ヘパリンは初回1000U持続1400U/h 、QB(血液流量)350ml/min、QD(透析液流量)500ml/min、DW(ドライウェイト)は86.8kg、針は16G(ゲージ)で4時間半の透析です。『針刺し(穿刺)に思う事』の投稿でも書きましたがペンレス等の麻酔テープは一度も使ってません。

始め

今日の体重は透析が2日空きの月曜なので増加の目標は6%ですが600gオーバーの6.7%の92.6kgでした。ドライウェイトとの差は5.8kg、最初の血圧の上111下70と高めのスタートなので均等除水だと5.8kgは厳しいけど段階除水なら5.8kg全部引けそうなので前半多めに除水して貰う段階除水に設定してもらいました。

真ん中

2時間半の定期の血圧測定は上の95下が65、下がったので看護師から「足を上ますか?」との申し入れ。下肢挙上しても血圧が上がった試しが無いけど下肢挙上すると腰が少し楽になるので看護師が申し入れを受け入れ足を上げました。

終わり頃

今日は除水を追加しないので1時間前の追加の血圧測定止めようと思ったけど丁度記録を付けに来たので測定して貰ったら上110、下66でした。110有ったけど脹脛が嫌な感じなので液温を34℃に下げて残り1時間の透析する事にしました。で30分前の血圧は上102下63で返血後の血圧は上が98下が60で軽いですが最後両足の脛が痙攣しました。

本日の透析のレビュー

今日は目標の6%より0.7多い6.7%の増加の5.8kgでしたが血圧低下もなく無事に透析を終える事が出来ました。除水が出来たので良かったですが最後痙攣したので塩分をもう少し減らし痙攣しなくて済む様に月曜は6%%以内の増加を守れる様に努めます。