闘病マニア

1999年3月22日にくも膜下出血、2005年2月4日からの人工透析してるPKD(多発性嚢胞腎)患者の闘病を主に書いてます。闘病生活も10年を超えると生き延びる為に自分の病気にやたら詳しくなりマニア化して色々な秘訣やコツを習得してます。少しマニアック過ぎるかも知れませんが自分の習得した知識を皆様と共有出来ればと思いこのブログを書いてます。

シャント周りに発心が(2017/07/05の透析)

本日の体重は3.8%増加の90.1でその他の透析の環境は変わらずHD(血液透析)でダイャライザー 東レ NV–26U、ヘパリンは初回1000U持続1400U/h 、QB(血液流量)350ml/min、QD(透析液流量)500ml/min、DW(ドライウェイト)は86.8kg、針は16G(ゲージ)で4時間半の透析です。

始め

本日開始時の血圧は上85下53で眠いので低めの血圧からのスタートです。最初のスタートが低かったので看護師が心配になり30分後にイレギュラーの血圧測定したら上111下63で血圧が高いのでドライウェイトより400g多く除水する事にしてもらいました。

真ん中

前回の透析で血液検査した結果が返ってきたが何が原因か分かりませんがリンの値が7.7mg/dLになってました。体質と思われますが野菜はどれだけ食べてもカリウムは5.0mEg/Lと上がらないのにリンは直ぐに上がります。因みに血圧の上は107下が63でした。

終わり頃

今日は前回の最後に痙攣した所に痙攣の癖が付いてしまった様で怪しい感じがするので除水を増やさず最後まで透析することにしました。因み透析終了30分前の血圧は上93下67でした。

本日の透析のレビュー

痙攣も無く終了時点での血圧は上111下63で無事に透析は終わりました。ただシャント周りに発心が出来た所を搔き壊して悪化してしまったので診てもらい現在処方されてるリンデロン-VG軟膏0.12% が使えるとの事で一安心です。様子見では無くて薬が使えるか使えないかを判断してくれるドクターは助かります。