闘病マニア

1999年3月22日にくも膜下出血、2005年2月4日からの人工透析してるPKD(多発性嚢胞腎)患者の闘病を主に書いてます。闘病生活も10年を超えると生き延びる為に自分の病気にやたら詳しくなりマニア化して色々な秘訣やコツを習得してます。少しマニアック過ぎるかも知れませんが自分の習得した知識を皆様と共有出来ればと思いこのブログを書いてます。

血圧は90台で推移(2017/07/07の透析)

本日の体重は3.7%増えて90kgでの開始で透析の環境は変わらずHD(血液透析)でダイャライザー 東レ NV–26U、ヘパリンは初回1000U持続1400U/h 、QB(血液流量)350ml/min、QD(透析液流量)500ml/min、DW(ドライウェイト)は86.8kg、針は16G(ゲージ)で4時間半の透析です。『貧血と多血症と多発性嚢胞腎』の投稿でも書きましたがヘマトクリットが高いのでエリスロポエチン製剤は一度も使った事は有りません。

透析開始

本日は朝の3時に目が覚めて二度寝出来ず透析開始時点でメッチャ眠くてドライウェイト500g下げるって話が出てるのに上が91下が56と自分には普通ですが普通の人には低い値で透析開始しました。

透析の真ん中

2時間半が経過しての血圧は確り寝たのに上が93下が51でした。看護師が血圧が上がらない事を心配して定期外の1時間前の血圧測定したら上103下64でした。

透析の終わり頃

残り1時間前が上103下64と1番高く下がると家に帰して貰えないので透析の液温を35℃から34℃に下げたので30分前の血圧は上が99下が69、終わりの血圧は上が115下が73で透析後の血圧が1番高く痙攣も無く透析終わりました。

本日の透析のレビュー

無事に血圧が90を下回らず本日の透析を終えることが出来たので帰宅です。体重が少し痩せた様で月曜からドライウェイトを500g下げる運びになりました。今週末は新宿歌舞伎町に滞在するので体重増加を規定値に抑えられるか心配ですが現時点では増加を気をつけて週末を過ごす予定です。