闘病マニア

1999年3月22日にくも膜下出血、2005年2月4日からの人工透析してるPKD(多発性嚢胞腎)患者の闘病を主に書いてます。闘病生活も10年を超えると生き延びる為に自分の病気にやたら詳しくなりマニア化して色々な秘訣やコツを習得してます。少しマニアック過ぎるかも知れませんが自分の習得した知識を皆様と共有出来ればと思いこのブログを書いてます。

1kg軽くなったけど(2017/07/12の透析)

本日の透析の環境は夏服に変えたのでドライウェイトが500g減り85.8kgですが月曜は体重が減って500g、今日は衣服が軽くなり500g、合わせて1kg先週からドライウェイトは減りました。

その他の設定は変わらずHD(血液透析)でダイャライザー 東レ NV–26U、ヘパリンは初回1000U持続1400U/h 、QB(血液流量)350ml/min、QD(透析液流量)500ml/min、DW(ドライウェイト)は85.8kg、針は16G(ゲージ)で4時間半の透析です。

透析の開始

昨日、今日と暑く他の人は増加が少ない中で脱水に気を付けすぎ本日は予定より2.6kg多い増加でした。それに加え2日続けてのドライウェイト変更で少しバタバタしましたが開始時は上110下63と高めの血圧でスタートです。

透析の真ん中

定期の20時の血圧測定は上105下78です。左足の前脛骨筋が完全に痙攣のクセが付いたようで少しの力で痙攣しそうになってるのが20時時点での不安材料です。

透析の終わり頃

今日は血液の温度を36.0℃で行って来たけど終わりに下がると悪いので予防の為1時間30分前から液温34.5℃にしてもらいました。30分前の血圧測定では上110下60で痙攣無し、怪しい感じは残ってますが何とか無事に透析を終え透析終わりの大丈夫との事で血圧は測定は無しで痙攣も無かったです。

本日の透析のまとめ

本日は一日空きの透析でしたが6%も増やし現在猛省中です。夏場の時期に増える理由は脱水での脳梗塞の再発が怖くての飲み過ぎなのでもう少し勇気を出して飲水を減らして明日から対応する予定です。