闘病マニア

1999年3月22日にくも膜下出血、2005年2月4日からの人工透析してるPKD(多発性嚢胞腎)患者の闘病を主に書いてます。闘病生活も10年を超えると生き延びる為に自分の病気にやたら詳しくなりマニア化して色々な秘訣やコツを習得してます。少しマニアック過ぎるかも知れませんが自分の習得した知識を皆様と共有出来ればと思いこのブログを書いてます。

穿刺は二箇所共に痛点↓(2017/07/19の透析)

月曜に0.8%の700g残したけど体重は3.8%で3.3kgの増加でした。残した0.8%分を除外すれば実質3%の増加で予定通りの体重コントロールでした。

 

その他の透析の環境は変わらずHDでダイャライザー 東レ NV–26U、ヘパリンは初回1000U持続1400U/h 、QB350ml/min、QD500ml/min、DWは85.8kg、針は16Gで4時間半の透析です。

 

透析の始め頃

今日の血圧は上96下55と血圧の低い自分としては普通な値でのスタートです。今日の穿刺では久々に二箇所共に痛点を刺され刺された時は痛かったけどそれだけです。

 

因みにペンレス、リドカイン、エムラクリーム等の麻酔は一度も使用した事が無く何で必要なのかを理解するのには11年要しました。

 

透析の真ん中

透析開始から2時間半の定期の血圧測定では上119下74と思いの外高いので200g除水を追加してもらいました。くも膜下出血の脳動脈瘤の事を考えると血圧が110超えると嫌な気持になります。

 

自分の記憶が正しければ月曜に血液検査をして本日検査結果を返され枝豆を食べ過ぎた当方は怒られる予定ですが何も無い。

 

恐る恐る看護師に聞いたらリンとカリウム等の速報は来てるけど本日は血液検査の結果は返さないとの事。なので勇気を出してリンとカリウムを聞いたらリン4.5mg/dLカリウム4.4mEq/Lで基準値内でした。

 

透析の終わり頃

本来なら終わり30分前が定期の血圧測定ですが200g除水を多くしてあるので今日は透析終了1時間前にも血圧測定してもらい上118下76でした。30分の血圧は上126下66でした。本来30分で除水を追加すると良い結果は出ないので止めたい所ですが流石に血圧の上が126は高すぎるので除水を100g増やしました。

 

透析も終わり針を抜く前の血圧は上116下66で何とか血圧の上が120無くて一安心でした。体重は追加した除水300gに加え100g多く引けてDWから−400gで58.4kgでした。

 

本日の透析のまとめ

体重の減りが止まってましたが再び少しずつ下がり始めた事と暴飲暴食したのにリン、カリウム共に基準値以内だった事は朗報でした。

 

今日は無事に0.46%の400g多く除水出来ましたがその400gを増やさず次回2.7%の増加目指し頑張ろうと透析の終わった今は思ってます(笑)