闘病マニア

1999年3月22日にくも膜下出血、2005年2月4日からの人工透析してるPKD(多発性嚢胞腎)患者の闘病を主に書いてます。闘病生活も10年を超えると生き延びる為に自分の病気にやたら詳しくなりマニア化して色々な秘訣やコツを習得してます。少しマニアック過ぎるかも知れませんが自分の習得した知識を皆様と共有出来ればと思いこのブログを書いてます。

活性型ビタミンD剤増量(2017/07/21の透析)

本日の透析前の体重は4.8%で4.1kgの増加でした。前回の透析で0.4%の400g軽くなったのに33℃と暑い中での荷受けをしたので脳卒中の防止に重点を置いた為に予定の3%より増やし過ぎました。

透析の開始

本日の透析開始時の血圧は寝不足が影響して血圧は上93下50です。メッチヤ眠いので透析開始から2時間半の定期の血圧測定まで寝て過ごす事にしました。

透析の真ん中

2時間半の定期の血圧測定は測定まで確り眠れた成果が出て上105下71と少しでしたが血圧は上がりました。

 

血圧測定後に月曜に受けた血液検査検査の結果を返してもらい結果は血色素量14.3g/dl、CRP0.13mg/dL、尿素窒素52.4mg/dL、カリウム4.4mEg/L、カルシウム6.9mg/dL、無機リン4.5mg/dLでした。

 

今回の血液検査は検査項目が少ないですがカルシウムが少ない事以外は問題ないですがカルシウムが少ないのは問題で増やす為に活性型ビタミンD製剤のカルフィーナが増量になりました。

透析の終わり頃

今日の透析は増加が水曜より800g重く血圧の低下を心配しましたが水曜と同じ400g多く除水しても30分前の血圧でも上102下69で順調でした。

本日の透析のまとめ

針を抜く前の血圧は上102下56で今日の透析は無事に終わりました。又、血液検査の結果はカリウム、リン共に問題無くCRPも0.13mg/dLと自分としてはメッチヤ低い値で一安心でした。

 

ただしカルシウムが低くかったのは問題ですが子供の頃からカルシウムは上がらない体質で活性型ビタミンD製剤を多く摂取してもカルシウムの値は改善されないとは思いますが暫くの間飲んでみて様子を見ます。