闘病マニア

1999年3月22日にくも膜下出血、2005年2月4日からの人工透析してるPKD(多発性嚢胞腎)患者の闘病を主に書いてます。闘病生活も10年を超えると生き延びる為に自分の病気にやたら詳しくなりマニア化して色々な秘訣やコツを習得してます。少しマニアック過ぎるかも知れませんが自分の習得した知識を皆様と共有出来ればと思いこのブログを書いてます。

ドライウエイト400g下がる(2017/07/24の透析)

昨日(7/23)新潟県腎蔵病患者友の会の会員家族交流会にスタッフとして参加して想定よりも多く歩いたので疲れが出て沢山寝たけど朝からダル重で体にキレが無くて難儀でした。

昨日(7/23)は交流会のBBQと妹の1番下のチビの誕生日会の2つのイベントに参加して体重増加が心配されたけど雨が降ってそんなに暑くはなかったですが交流会のスタッフで動き回り汗をかいたようで体重は7%の6kgの増加と暴飲暴食した割に少なくて良かったです。

透析の開始

今日の透析開始時はメッチヤ眠いので血圧は低いと思ってたけど血圧の上は106下が63と高めでした。

400g痩せました

先週一週間月水金の全てで除水を400g多くして何事も無かったので今日からドライウエイトを400g下げる事にしました。

なので本日はDWは85.4kgで回路が詰まる限界が6kgなので400g残しの4時間半で6kgの除水になりました。

DW400gさげて除水400g残しって事はDW400g下げなくて全部除水したって事ですね。

透析開始から2時間半経過

昨日の家族交流会の疲れが溜まり開始から2時間半の定期の血圧測定まで爆睡して寝起きに血圧測定したので上71 下48でした。

3回ほど計り直して上が94まで上がったので様子を見て30後の3時間でヘパリンの交換の時に再度血圧測定したら上98下62と復活しました。

透析の残り1時間

終了前1時間前に丁度見回りに来られたので血圧測定してもらい上94下64で30分前の血圧は上92下59なので何とか最後まで無事に透析は行えそうでしたが4時間半で6kgと除水は多いので最後まで気を抜かず体調の変化に気を配りました。

本日の透析のまとめ

一時血圧の上が70台まで下がり心配されましたが透析終了時の血圧は上111下63で痙攣気味でしたが200g水を入れて600g残しで何とか今日の透析は終わりました。

ここの所痩せたので毎週ドライウエイトが変わってるので体重の管理に慣れませんが早く慣れ安定した透析に努めたいです。


【参考情報】
本日の透析環境はDW(ドライウェイト)が85.4kgと400g下がりそれ以外は変わらずHD(血液透析)でダイャライザー 東レ NV–26U、ヘパリンは初回1000U持続1400U/h 、QB(血液流量)350ml/min、QD(透析液流量)500ml/min、針は16G(ゲージ)で4時間半の透析でした。