闘病マニア

1999年3月22日にくも膜下出血、2005年2月4日からの人工透析してるPKD(多発性嚢胞腎)患者の闘病を主に書いてます。闘病生活も10年を超えると生き延びる為に自分の病気にやたら詳しくなりマニア化して色々な秘訣やコツを習得してます。少しマニアック過ぎるかも知れませんが自分の習得した知識を皆様と共有出来ればと思いこのブログを書いてます。

熱発の悪寒の中での透析(8/16の透析)

本日の体重増加は1kgのお残しが有ったけど4.7%の4kgの増加でした。4kgの増加ならドライウェイト目標での透析ですが今日の体調は仕事を終えて帰宅した時の体温は36.8℃、透析開始時点で既に悪寒が有るので透析中に熱発しそうです。

 

透析の開始

透析開始時の血圧上103下60で熱は37.0℃で体の関節の節々が痛み始めました。嚢胞感染も疑われますが一晩様子を見るので抗菌薬では無くて解熱剤のカロナールを処方して貰いました。

 

透析開始から2時間半経過

 


寒くてゾクゾクするので血液の温度は初めから36℃に設定、2時間半の間爆睡でした。2時間半の血圧測定は上が93下が54で体温は36.5℃でしたが引き続き関節が痛くゾクゾクしてるので残り30分まで液温を下げずに透析を続けることにしました。

 

透析の残り1時間前の血圧

丁度、技士さんが来たので1時間前の血圧を計ってもらい上100下52で一安心、残り30分前の定期の血圧測定は上が90下が54で未だ寒いですが液温を34℃に下げて最後まで透析を続行します。残り20分で睡魔が遅い上84下46なのて生理食塩水を100注入しました。

 

本日の透析のまとめ

 

終了時の血圧は上95下54体温36.6℃で怪しそうなのでよう100g生理食塩水入れました。で体重は85.8kgの400g残して透析は終りました。帰宅したら熱は38.7℃あり解熱剤飲んで直ぐ寝ました。


【追記】

f:id:nannbyou67:20170817060346j:plain


今朝の体温は37.6℃と微熱が有り完調ではないですが解熱剤飲んで今日(8/17)は仕事します。