闘病マニア

1999年3月22日にくも膜下出血、2005年2月4日からの人工透析してるPKD(多発性嚢胞腎)患者の闘病を主に書いてます。闘病生活も10年を超えると生き延びる為に自分の病気にやたら詳しくなりマニア化して色々な秘訣やコツを習得してます。少しマニアック過ぎるかも知れませんが自分の習得した知識を皆様と共有出来ればと思いこのブログを書いてます。

サイコネフロロジーマニュアルを読んで

f:id:nannbyou67:20170829205245j:plain


目次を読んでたら題目の1つに「透析患者の3人に2人は心の問題をかかえるてる」って言葉が目に飛び込んできたけど確かに情緒が不安定な人が多いと感じます。

透析導入はストレス???

自分の場合は多発生嚢胞腎なので保存期はカフェインの摂取を止めてたのて透析導入になった時コーヒーやお茶が飲めるようになりメッチヤ嬉しがったです。

確かに水曜日の南関東4競馬のメインレースが見れなくなったり金曜の大井競馬場トゥインクルレースに行けなくなったり時間の制約が有るのは辛いですが…

時間の制約は有るけどカフェイン制限の解除、食事制限が楽になったので透析導入は嬉しがった記憶しか有りません。

透析導入より苦しい経験

保存期のカフェイン制限も辛かったけどそれ以上に体育学部の時の寮の食事は辛かったです。

味は口に合わない事に加え動いてるので1日5000cal取らないと痩せるので口に合わなくとも無理やり食べてました。

1日4食に間食を取って何とか4,500calを維持し体重減少のペースを抑えた記憶があります。なので透析の食事制限は緩やかで助かってます。


過去色々な病気をして来ましたが闘病に関しては透析よりもくも膜下出血のリハビリが大変だったと思ってます。

左半身が完全に麻痺してて治るかどうか分からずくも膜下出血の再発の危険性も有る厳しい環境を経験した事により透析治療は超楽勝と感じ透析導入時のストレスは皆無でした。

自分にはサイコネフロロジーは理解するのが難儀でした

サイコネフロロジーの書籍を読む理由は自分に取って透析治療は楽なのに精神的に病むことが全く理解出来なかった為です。

サイコネフロロジーの本を読んで1番最初に感じた事は透析患者よりも看護師や技師は大変だと感じました。真面目な看護師や技師さんほど心が病んだりバーンアウトしそうだと心配になりました。

サイコネフロロジーの本を読んで透析患者に情緒不安定な人、精神的に病んでる人が多いのが納得出来ました。透析患者に病んでる人が多く病んでる人と別れば対策も取れるのでサイコネフロロジーの本を再度読んで良かったです。

最後に

透析してる人に言いたい事は透析よりも脳血管障害(脳卒中脳出血脳梗塞〉)の方が大変です。

悪い事に脳血管障害は透析患者の生命を脅かす「三大疾患〈心不全感染症・脳血管障害〉」の1つです。

脳血管障害の最大の危険因子は高血圧なので収縮期血圧で120mmHg未満になる様にして透析よりも辛い脳血管障害になら無い様にお互い注意しましょう。