闘病マニア

1999年3月22日にくも膜下出血、2005年2月4日からの人工透析してるPKD(多発性嚢胞腎)患者の闘病を主に書いてます。闘病生活も10年を超えると生き延びる為に自分の病気にやたら詳しくなりマニア化して色々な秘訣やコツを習得してます。少しマニアック過ぎるかも知れませんが自分の習得した知識を皆様と共有出来ればと思いこのブログを書いてます。

透析中の血圧が低い一日でした(8/30の透析)

本日の体重増加は5%の4.3kgの増加でが前回700g残したので実質4.2%の3.6kgの増加です。

透析の開始

本日の透析開始の血圧の上86下52と低めで透析はスタートしました。今日の体調は今年お初の自宅で収穫したさつまいも食べてから来たので透析開始時はメッチヤ眠いです。今日はドライウエイトで大丈夫そうですが開始時の血圧が低いので2時間半の定期の血圧測定まで寝て過ごします。

透析開始から2時間半経過

透析開始から2時間半の定期の血圧測定は上83下52でした。思いの他上がらなかったけど何も体調には変化は無いので除水は変えずに血液の液温を36℃から34℃にして後半は寝ないで様子見する事にしました。

透析終りまで30分

ヘパリンを変えるついでに3時間経過の血圧測定してもらい上95下56と液温を下げた効果が出て血圧が上がりました。透析終了前30分の血圧は上81下52でした、除水を下げなくても最後まで大丈夫とは思いますが80切ると返して貰えないので念のために除水を200g下げて透析する事にしました。

本日の透析のまとめ

透析終了時の血圧は上92下56で体重は84.7kgの300g残しでした。200g除水を下げ300g残ったので何とか痙攣も無く無事に今日の透析が終わりました。