闘病マニア

1999年3月22日にくも膜下出血、2005年2月4日からの人工透析してるPKD(多発性嚢胞腎)患者の闘病を主に書いてます。闘病生活も10年を超えると生き延びる為に自分の病気にやたら詳しくなりマニア化して色々な秘訣やコツを習得してます。少しマニアック過ぎるかも知れませんが自分の習得した知識を皆様と共有出来ればと思いこのブログを書いてます。

痙攣で目が覚める(9/6の透析)

本日の体重は6%の5.1kgの増加でしたが前回の透析で1.6kg残したので実質4.1%の3.5kgの増加でした。

5.1kgの除水は多いと言われる方も多いですがドライウェイトの6%なのでリバンドして無ければ自分の場合楽に除水が出来る値です。

透析の開始

5.1kgは楽に除水出来る数値とは言え透析開始の血圧の上88下55と少し低めの開始でだったので上げても下げても変わらない足を上げての透析を受け入れました。

13年の過去の実績から今日も眠いので開始時の低めの血圧は織り込み済みで寝れば治るけど看護師は気が気でない様子です。

透析開始から2時間半経過

透析開始から2時間半の定期の血圧測定は上89下58でした。確り2時間半寝たけど思いの外血圧が上がらなかったので液温を36℃から34℃に下げてもらい残りの2時間透析する事にしました。

透析終りまで30分

透析終了前30分の血圧は上100下54と眠気が取れた後半は予定通りに血圧が上がって来ました。

80台後半で透析が終わると90台にならないと帰して貰えないので厄介ですが透析終了30分前で100有るので一安心しました。

本日の透析のまとめ

透析終了時の血圧は上104下55と80台にならず直ぐに針を抜いて帰してもらえるので良かったです。次回の透析まで塩分制限を確りして体重増加に気を付けたいと思います。

【追記】

帰ってからも何も無かったけど翌朝痙攣で目が覚めました。もしかして少し太ったのかも知れ無いので次回の透析は気を付けたいと思います。