闘病マニア

1999年3月21日にくも膜下出血、2004年2月4日からの人工透析してるPKD(多発性嚢胞腎)患者の闘病を主に書いてます。闘病生活も10年を超えると生き延びる為に自分の病気にやたら詳しくなりマニア化してます。ただし不良透析患者なのでコイツ大丈夫と思われる事も多いと思いますが反面教師として役立てて頂けると幸いです。最後にくも膜下出血して透析してても元気にやって行ける事が多発性嚢胞腎の皆様に伝われば何よりです。

フットケアはオロナインH軟膏で

f:id:nannbyou67:20170911060804j:plain

先日の診療所の腎友会の会議で看護師が月に一度のフットケアの診察してる時に触られると痛いからといって診察に文句を言う人が居ると話題になった。

重症下肢虚血の理解不足

確かに自分の周りでもフットケアの診察の度に目に余る方が居るので話題に上がって当然だと思いました。

透析患者は足病(重症下肢虚血)を引き起こす可能性が高く、文句を言う人は自分の病気の理解不足の方が殆どです。

理解不足だから足病が悪化する悪い流れなので何とか断ち切れる様な対策をしたいと考えてます。

自分のフットケア

自分の場合は足の手入れは昔から風呂上がりにオロナインH軟膏の塗る事です。

オロナインH軟膏の主成分は『クロルヘキシジングルコン酸塩』で『消毒・殺菌』作用があり二次的な炎症が抑えられます。

塗るタイミングも風呂上がりに塗ってるので保湿効果があり踵などにひび割れの傷も有りません。

まとめ

ネットで調べればフットケアや足病変に関する投稿は沢山あるし、足病変の専門医と良く相談して足病予防に努めて欲しいです。

因みに透析の医師は透析の専門医が多いので足病が専門では無いので一度専門医に診てもらう事をお勧めします。