闘病マニア

1999年3月22日にくも膜下出血、2005年2月4日からの人工透析してるPKD(多発性嚢胞腎)患者の闘病を主に書いてます。闘病生活も10年を超えると生き延びる為に自分の病気にやたら詳しくなりマニア化して色々な秘訣やコツを習得してます。少しマニアック過ぎるかも知れませんが自分の習得した知識を皆様と共有出来ればと思いこのブログを書いてます。

小指強打→激痛→痙攣(9/20の透析)

 

本日の体重は6.8%の5.8kg の増加です。前回1kg残したけれど6.8%は多いので500g残しでお願いしました。

透析の開始

透析開始の血圧の上95下53で本日の透析はスタートしました。今日は寝不足の為眠いので2時間半後の血圧測定まで寝て過ごします。

透析開始から2時間半経過

透析開始から2時間半の定期の1時間確り爆睡出来たので血圧上がり測定値は上111下64でした。コレウス・フォルスコリの事を頭を使ってブログに書き始めたので眠さが一気に無くなりました。

透析終りまでもう少し

普段歩かないのに日曜に中山競馬場を沢山歩いた影響が本日も出て透析終了前40ふん前ですが痙攣の兆候が出てるので芍薬甘草湯飲んで応急処置。で307分前の血圧の値は上107下44でした。

折角、血圧は高かったのに足元に知らない間に台を置かれていてそれを知らず足の小指や思い切りぶつけたらメッチヤ痛くその弾みで右足の脹脛と腿が痙攣しました(怒)100g生理食塩水を入れたけど痙攣したままでNacl入れてもらい何とか急場を凌ぎました。

本日の透析のまとめ

透析終了時の血圧は上98下50でしたが足は引き続き痙攣気味です。現在は右足だけが痙攣気味ですが多分両方の足が痙攣気味なので寝てる間は注意したいと思います。

【参考情報】

本日の透析環境は前回からHD(血液透析)でダイャライザー 東レ NV–26U、ヘパリンは初回1000U持続1400U/h 、QB(血液流量)350ml/min、QD(透析液流量)500ml/min、DW(ドライウェイト)は85kg、針は16G(ゲージ)で4時間半の透析でした。