闘病マニア

1999年3月22日にくも膜下出血、2005年2月4日からの人工透析してるPKD(多発性嚢胞腎)患者の闘病を主に書いてます。闘病生活も10年を超えると生き延びる為に自分の病気にやたら詳しくなりマニア化して色々な秘訣やコツを習得してます。少しマニアック過ぎるかも知れませんが自分の習得した知識を皆様と共有出来ればと思いこのブログを書いてます。

紙一重で無事でした

f:id:nannbyou67:20170921195527j:plain

昨日(9/20)の透析は右足の小指をテーブルにぶつけた反動で右足全部が痙攣で何とか帰宅しました。

 

止血ベルトを取って夕飯を食べて痙攣がひと段落したので寝室で横になってウトウトしてたら左腕が生暖かくヤバイって思った時には時遅くシャントから再出血してました。

 

家に帰って止血ベルトを取ってから食事したりネットしたりしてからウトウトしたので止血ベルトを外してからは30分経過してるので不可抗力だと諦めてます。

 

漏れるのは決まって肘の所のシャントで透析中も肘が少し曲がっただけでも警報が鳴るので何かと厄介なシャントで今回も肘を曲げた弾みで出血したと思われます。

 

ヘマトクリットが下がったとは言え透析前は45有るので瀉血が出来て良かったのかも知れませんが一歩間違えて出血に気付かなかったら大事で「一度あることは二度ある」と言うので暫く透析後は気を付けて過ごします。