闘病マニア

1999年3月22日にくも膜下出血、2005年2月4日からの人工透析してるPKD(多発性嚢胞腎)患者の闘病を主に書いてます。闘病生活も10年を超えると生き延びる為に自分の病気にやたら詳しくなりマニア化して色々な秘訣やコツを習得してます。少しマニアック過ぎるかも知れませんが自分の習得した知識を皆様と共有出来ればと思いこのブログを書いてます。

胆管炎

 

今回入院の原因で有る「胆管炎」についてまとめてみました。


胆管炎とは

胆のうと肝臓、十二指腸をつなぐのが「胆管」で、この胆管に炎症を起すのが胆管炎です。


胆管の原因

細菌感染が主な原因ですが胆石で胆管が詰まり詰まった場所が腸内細菌などにより感染して胆管が感染して発症します。


症状

吐き気、背中の痛み、発熱でした。

 

検査と治療

胆管をCT撮影して胆管炎と確認されたので内視鏡で胆管に管を付け感染した胆汁を体外に排出。

胆管を造影剤入のCT撮影して石を確認して内視鏡で石を破壊して石が無くなるまで胆汁を体外に出し続け。

体内に石が無くなった事と感染がなくなった事が確認されて治療は終わるそうです。


胆管炎のまとめ

タレントの出川哲郎さんも9月の初めに胆管炎で入院して二週間前に退院したそうです。

出川さんが報道陣から入院はきつかったか尋ねられると「地獄でした。ヤバいよ、ヤバいよ!」と言われてました。

出川さんの言う通り胆管炎はヤバくて当方も5日間寝たきりになりえらい目に遭いました。