闘病マニア

1999年3月22日にくも膜下出血、2005年2月4日からの人工透析してるPKD(多発性嚢胞腎)患者の闘病を主に書いてます。闘病生活も10年を超えると生き延びる為に自分の病気にやたら詳しくなりマニア化して色々な秘訣やコツを習得してます。少しマニアック過ぎるかも知れませんが自分の習得した知識を皆様と共有出来ればと思いこのブログを書いてます。

ドライウェイト上げたのに血圧は下がる(11/17の透析)

 

今日からドライウェイトが1kg上がって85kg、体重は2.9%の増えでした。2.5kgの少ない増加でしたが血圧は下がり液温下げて下肢挙上の透析でした。

透析の開始

透析開始の血圧の上91下53で本日の透析はスタートしました。自分の場合血圧の上が91でも問題無いです。前回より500g体重は少ないけど血圧は低いのでドライウェイトの増加は受け入れました。


透析開始から2時間半経過

透析開始から2時間半の定期の血圧測定は上76下49でした。200g水を入れ、液温を36℃から34.5℃に下げて下肢挙上で様子をみました。10分後上86下55まで上がりました。


透析終りまでもう少し

透析終了前30分の血圧は上82下55ですがそのまま設定を変えず透析を続行しました。残り15分で欠伸をしてたら血圧が下がったと思われ血圧測定して上95下65と上がりました。


本日の透析のまとめ

透析終了時の血圧は上88下56なので水を100g入れ五分後上87下56まで上がったので何とか返してもらえました。

本日の透析は職場復帰してからの始めででした。体調が戻ってきたので体重が増えドライウェイトを増やしても血圧は低くいです。1kgドライウェイトを上げたのに300g残し85.3kgで終わりました。

体調が良くて体重が増えは良い事で体調が悪くて除水出来ないのは問題です。職場復帰したばかりなので今日の透析は色々有りましたが様子を見て土日の休みは過ごす予定です。


【参考情報】

本日の透析環境はHD(血液透析)でダイャライザー 東レ NV–26U、ヘパリンは初回1000U持続1400U/h 、QB(血液流量)350ml/min、QD(透析液流量)500ml/min、DW(ドライウェイト)は85.0kg、針は16G(ゲージ)で4時間半の透析でした。