闘病マニア

1999年3月22日にくも膜下出血、2005年2月4日からの人工透析してるPKD(多発性嚢胞腎)患者の闘病を主に書いてます。闘病生活も10年を超えると生き延びる為に自分の病気にやたら詳しくなりマニア化して色々な秘訣やコツを習得してます。少しマニアック過ぎるかも知れませんが自分の習得した知識を皆様と共有出来ればと思いこのブログを書いてます。

投げやりな気分での透析(11/27の透析)

本日は体重は6.9%の増えで5.9kgの増加でした。前日のジャパンカップの検討会とジャパンカップ当日、馬券を買わずに寝てしまい夜は今週もヤケ酒酒でした。因みに単複各10,000を買う予定だったので132,000円儲け損ねてました。

因みに11/19日のマイルCSは1着の馬と馬主が同じでオーダーが出てたようで進路を譲っての惨敗でヤケ酒で11/20も増加が酷かったです。


透析の開始

透析開始の血圧の上119下67で500g残しの本日の透析はスタートしましたが昨日の買い損ねの凹みが治らずどうでも良い気分で透析開始しました。


血圧測定

どうでも良いけど透析開始から2時間の血圧測定は上107下71でしした。そうして終了前30分の血圧は上97で下69でした。


本日の透析のまとめ

何でも良いけど透析終了時の血圧は上114下78でした。ドライウエイトが増えてたようですが痙攣も無く600gのこしで透析が終わった見たいです。

今回の精神的なダメージは大きいので暫くは凹んだままですがケンせずチャンピオンズカップが出来る事を目指して頑張ります。


【参考情報】

本日の透析環境は前回と変わらずHD(血液透析)でダイャライザー 東レ NV–26U、ヘパリンは初回1000U持続1400U/h 、QB(血液流量)350ml/min、QD(透析液流量)500ml/min、DW(ドライウェイト)は86.0kg、針は16G(ゲージ)で4時間半の透析でした。