闘病マニア

1999年3月21日にくも膜下出血、2004年2月4日からの人工透析してるPKD(多発性嚢胞腎)患者の闘病を主に書いてます。闘病生活も10年を超えると生き延びる為に自分の病気にやたら詳しくなりマニア化してます。ただし不良透析患者なのでコイツ大丈夫と思われる事も多いと思いますが反面教師として役立てて頂けると幸いです。最後にくも膜下出血して透析してても元気にやって行ける事が多発性嚢胞腎の皆様に伝われば何よりです。

血圧の下( 拡張期血圧)って患者には必要ないの???(12/20の透析)

本日は17時10分に着床で待機5分の17時15分スタートです。本日の体重は5.4%の増えで4.7kgの増加でした。900g残しだったので実質4.4%の増加で3.8kgの増加でした。


今日の透析の経過

透析開始の血圧の上94下51で本日の透析はスタートしました。透析開始から2時間の血圧測定は上74下48でした。下肢挙上と液温を36℃から35℃に下げて30分後の2時間半の定期の血圧測定をしたら上94下は説明無しですが上が開始時と同じなのでこのまま透析を行うとの事でした。技師さんに聞いたら2時間半の血圧の下は64だそうです。

透析終了前1時間のの血圧は上100で下は再び教えてもらえません。他の看護師な聞いたら終了1時間前の下は71でした。透析終了前30分の血圧は爆睡の成果が出て上125下73でした。


本日の透析のまとめ

痙攣気味ですが何とか透析を終える事が出来て透析終了時の血圧は上98下63でした。

毎回なので諦めてるけど血圧測定の結果を若干1名上だけしか言わない看護師がいる。それなら他の看護師も下を教えなければ良いと思うのは当方だけでしょうか?

色々な看護師が居るけど患者に上しか教えないのは忙しいのかも知れませんが職務怠慢と感じてしまいますね。

因みに他の技師さんと看護師に血圧の下は教えてもらい今日の血圧の数値は全て把握してます。


【追記】

その看護師には何度も血圧の下を教えてもらえるように申し入れしてますが駄目で毎回聞き直すのも嫌なので聞かず他の人から教えてもらう事にしてます。