闘病マニア

1999年3月22日にくも膜下出血、2005年2月4日からの人工透析してるPKD(多発性嚢胞腎)患者の闘病を主に書いてます。闘病生活も10年を超えると生き延びる為に自分の病気にやたら詳しくなりマニア化して色々な秘訣やコツを習得してます。少しマニアック過ぎるかも知れませんが自分の習得した知識を皆様と共有出来ればと思いこのブログを書いてます。

元日の透析(1/1の透析)

 

本日は元日なので透析時間が14時30分スタートで4時間の透析です。なので14時32分に着床で待機7分14時39分スタートです。本日の体重は5.5%の増えで4.8kgの増加でした。

12/30に体調を崩し12/30の夜から1/1の午前中まで寝込んでました。本来ならスーパー銭湯で汗取りして透析に臨む予定が出来ず体重増加が心配されましたが何とか5.5パーセントで抑えられ一安心です。


今日の透析の経過

透析開始の血圧の上115下67で本日の透析はスタートしました。今日は自動血圧計で30分間隔での血圧測定のようで開始30分の血圧の上116下64でした。開始1時間の血圧は上116下61と安定してます。

血圧測定は30分間隔ですが問題なさそうなので上が100を切らないとアラームがならない設定に1時間30分からしてもらいました。

なので血圧の数値は毎回細かく気にしない事にしました。因みに1時間30分の血圧の上は119です。

透析開始から2時間半のの定期の血圧測定は上112下69でした。透析終了前30分の血圧は上92下63で今年お初のアラームが鳴りました


本日の透析のまとめ

透析終了時の血圧は上101下67で体調不良の中で時間短縮の4時間でしたがドライウェイトより100g残して透析が終える事が出来て一安心です。

三ヶ日を営業して透析をして頂ける事は有難く思ってますが生き物を扱う商売では当たり前の事で透析時間の短縮は渋々受け入れてますが納得はしてません。


【追記】

帰宅したら体調が急変してダル重な体調なので確り睡眠を取って1月4日からの仕事初めに間に合うように三ヶ日の休みは体調管理に努める事にしました。