闘病マニア

1999年3月21日にくも膜下出血、2004年2月4日からの人工透析してるPKD(多発性嚢胞腎)患者の闘病を主に書いてます。闘病生活も10年を超えると生き延びる為に自分の病気にやたら詳しくなりマニア化してます。ただし不良透析患者なのでコイツ大丈夫と思われる事も多いと思いますが反面教師として役立てて頂けると幸いです。最後にくも膜下出血して透析してても元気にやって行ける事が多発性嚢胞腎の皆様に伝われば何よりです。

今日は除水量を血圧に合わせ度々変更して頂きました(1/15の透析)

 

本日は17時35分に着床で待機10分の17時45分スタートです。本日の体重は6.4%の増えで5.6kgの増加でした。

嚢胞感染の発熱も終わり嚢胞が破けた所の痛みが無くなったので食べる量が増え増加も増えました。


今日の透析の経過

透析開始の血圧の上107下69で本日の透析はスタートしました。血圧が107と高いので5.6kg全部引けると思いますが500g残しの設定で前半多目の計画除水にしてもらい後半血圧が下がらなければ除水量を上げる予定です。

透析開始から2時間半の定期の血圧測定は上105下66でした。この血圧ならもう少し除水出来るので安全を見て200g除水を増やし、計画除水から平均除水にかえました。透析終了前30分の血圧は上86下60でした。


本日の透析のまとめ

透析終了時の血圧は上98下70で無事に終わりました。

昨日(1/15)の血圧が上144下70と過去3年無い高い数値予だったので心配でしたが今日(1/16)の朝は上115下62で一安心です。


【参考情報】

本日の透析環境は前回と変わらずHD(血液透析)でダイャライザー 東レ NV–26U、ヘパリンは初回1000U持続1400U/h 、QB(血液流量)350ml/min、QD(透析液流量)500ml/min、DW(ドライウェイト)は86.5kg、針は16G(ゲージ)で4時間半の透析でした。