闘病マニア

1999年3月21日にくも膜下出血、2004年2月4日からの人工透析してるPKD(多発性嚢胞腎)患者の闘病を主に書いてます。闘病生活も10年を超えると生き延びる為に自分の病気にやたら詳しくなりマニア化してます。ただし不良透析患者なのでコイツ大丈夫と思われる事も多いと思いますが反面教師として役立てて頂けると幸いです。最後にくも膜下出血して透析してても元気にやって行ける事が多発性嚢胞腎の皆様に伝われば何よりです。

診療報酬速報が発表になった中での透析(2/7の透析)

 

本日は17時45分に着床で待機5分の17時50分スタートです。本日の体重は4.5%の増えで3.9kgの増加でした。


今日の透析の経過

透析開始の血圧の上137下80で本日の透析はスタートしました。開始時に上が137も有るので200g多く除水してもらう事にしました。爆睡してたので透析開始から2時間半の定期の血圧測定は上103下64と低めでした。


透析終了前30分の血圧は上86下61と下がったので液温を36℃から34℃に下げて下肢挙上は止めてもらいました。


本日の透析のまとめ

透析終了時の血圧は上115下75で無事に終わりました。本日は全腎協から2018年の診療報酬速報が発表され色々な思いが頭を巡りながらの透析でした。

飴と鞭の改定内容で全体的には下げる方向で志の低い透析施設には厳しい内容と感じました。

 

 2017 年度「全腎協ニューズレター」第 5 号(2018/02/07)

http://www.zjk.or.jp/news/2_5a7a9b41d61ef/upload/20180207-152916-1330.pdf


【参考情報】

本日の透析環境は前回と変わらずHD(血液透析)でダイャライザー 東レ NV–26U、ヘパリンは初回1000U持続1400U/h 、QB(血液流量)350ml/min、QD(透析液流量)500ml/min、DW(ドライウェイト)は86.5kg、針は16G(ゲージ)で4時間半の透析でした。