闘病マニア

1999年3月21日にくも膜下出血、2004年2月4日からの人工透析してるPKD(多発性嚢胞腎)患者の闘病を主に書いてます。闘病生活も10年を超えると生き延びる為に自分の病気にやたら詳しくなりマニア化してます。ただし不良透析患者なのでコイツ大丈夫と思われる事も多いと思いますが反面教師として役立てて頂けると幸いです。最後にくも膜下出血して透析してても元気にやって行ける事が多発性嚢胞腎の皆様に伝われば何よりです。

夜間で5時間透析


現在通ってる施設の透析時間は17時開始で終わりが22時30分です。


夜間透析とは

夜間透析(時間外・休日加算)の定義は透析を「午後5時以降に開始した場合」もしくは「午後9時以降に終了した場合」です。

現在の夜間透析の診療報酬は300点(3,000円)で、2018年の4月から80点加算されて380(3,800)円になります。


5時間の壁

現在の施設では4時間半が1番長く5時間透析してる人は居ません。

現時点での診療報酬は4時間〜5時間2175点(21,750円)、5時間〜は2310点(23,100円)で4月からは35点(350円)下がり4時間〜5時間2140点(21,400円)、5時間〜は2275点(22,750円)です。

透析4時間半と5時間透析では135点(1,350円)も診療報酬に違いが有りますが主に労務問題で現時点でも5時間透析には壁が有り4時間半透析のままです。


30分の攻防

30分透析を伸ばせれば自分も助かるし、病院の経営的にも良いので残る問題は主に看護師さんと技師さんの労務問題です。

自分はつい最近まで夜間透析は「17時開始」だけだと思ってたけど確認したら「21時以降の終了」でも構わない事に気が付きました。

1日の透析を3回のローテーションで回せるなら4時間半から5時間まで透析する人は17時開始を30分早くして16:30にしてもらう事を提案したいと思います。


5時間透析と4時間半透析のの人は30分早く16時30開始

・5時間透析や4時間半透析する人はそんなに居ないです。

・現在も三回のローテーションで16:30には看護師は居ます。

・5時間透析なら1,350円お得

・透析終了時間は現在と変わらず22時30分

上記の事を考えると病院の経営者、看護師、技師悪い話では無いと思うので今度機を見て提案したいと思います。


【追記】

5時間透析、針の太さ15Gを目指してますが今回の提案で採用されなかったらやれる事は全てやったので本格的に転院を考えないとですね。