闘病マニア

1999年3月21日にくも膜下出血、2004年2月4日からの人工透析してるPKD(多発性嚢胞腎)患者の闘病を主に書いてます。闘病生活も10年を超えると生き延びる為に自分の病気にやたら詳しくなりマニア化してます。ただし不良透析患者なのでコイツ大丈夫と思われる事も多いと思いますが反面教師として役立てて頂けると幸いです。最後にくも膜下出血して透析してても元気にやって行ける事が多発性嚢胞腎の皆様に伝われば何よりです。

それOuting (他人の秘密を暴露)してます

過不足無く人に伝える事は難しく人の病気の話は個人情報が多いので本人に聞いて貰うかオブラートに包んで伝える様に心掛けてます。

 

50歳を超えると病気の話題が増えてきて先日とある方から耳にした病気の話は本人は悪気は無く病気の説明する為に病名を言ってますがその病名は生き死にに関わる重篤な病名でした。

 

当方は多発性嚢胞腎で難病なので時々「難病情報センター」覗いてるのでその病名が難病指定席 でクリティカルな病名と直ぐに気付き病名も驚きましたが何故その病名を軽々しく話すのかと驚きました。

 

今回の件は事の重大さを知らないと簡単に人に話しOuting(他人の秘密を暴露)してしまう事を再度認識し気を付けようと思った次第です。