闘病マニア

1999年3月21日にくも膜下出血、2004年2月4日からの人工透析してるPKD(多発性嚢胞腎)患者の闘病を主に書いてます。闘病生活も10年を超えると生き延びる為に自分の病気にやたら詳しくなりマニア化してます。ただし不良透析患者なのでコイツ大丈夫と思われる事も多いと思いますが反面教師として役立てて頂けると幸いです。最後にくも膜下出血して透析してても元気にやって行ける事が多発性嚢胞腎の皆様に伝われば何よりです。

体重管理

くも膜下出血直後のMRIでの未発見(当方は今でも見逃しと思ってます)に遭遇してからは医療機関の話は鵜呑みせず文献を当たるようになりました。当然透析関係の指導も鵜呑みにはしないで一度調べてから行ってます。

 

 

体重管理

 

透析の体重管理は主に体重の増加で見てますが同じ日に別の看護師から「今日は頑張った」と「今日は少し多かったですね」って言われる事が有ります。「頑張った」と言う看護師は増加量を見て言ってるし、「少し多かった」と言う看護師は増加率を見ている。

 

除水量はドライウェイトの3〜5%が理想と書いて有る事が多いですが理想と現実が異なる事はよく有る話で理想では無くて現実として何処までが許容範囲か示して欲しいですが理想の3〜5%しか聞いた事が有りません。

 

3〜5%は何かしらの統計データから導かれた数値と思われますが統計には標準誤差があるので是非とも元になったデータを教えて欲しいですね。

 

透析の体重管理の指標となるデータは2つ有ると思っていて1つは心胸比、もう一つは体重の増加率と考えてます。因みに自分の場合、5%の増加率の時の心胸比は41.1、8%の増加率の時は42です。

 

新しく担当に付く人は自分の血圧が100を下回る事が多いのでドライウェイトを上げようとしますが母、妹共に血圧の上は100も無い家系なのでドライウェイトは正しいと思ってます。

 

 

中二日を無くせば良い

 

今までの看護師は中一日空きは3%、中二日空きは5%と○鹿の一つ覚えで指導して来ましたがそれなら中二日を無くせば良いと毎回考えてます。

 

実際に中二日を無くすために月、水は通常の透析、金曜日から土曜の朝までのオーバーナイトされてる施設も一部有りますが片田舎の長岡では無理な話でした。

 

頻回透析やオーバーナイトをすると診療報酬や人件費の問題で出来ない事は分かってますが、それならば最低診療報酬の範囲内の14回で毎月透析して欲しいですね。

 

話は逸れましたが今の長岡で中二日を無くすには現時点では在宅血液透析をして頻回透析を行うしか無いようです。

 

 

今月の担当看護師は優秀

 

話は逸れましたが今月の担当の看護師は自分の過去データを調べて増加率の多い時は中二日の時しか無く金曜日には必ずドライウェイトで帰ってる事を始めて言って来て土日の中二日で6.5%の増加率を提案して来ました。

 

今までは中二日で8%の増加率てまも心胸比42だったので中二日の増加率は7%目標で最大8%で見てましたが今回透析して14年目で初めて過去データからの現実的な提案を始めてして来たので増加率の目標を6.5%で最大7%で目指して見ました。

 

 

【追記】

 

因みに今朝(4/16)の体重は91.2kgで既に5.4%あるので最大値の7%で収まるかギリギリです。