闘病マニア

1999年3月21日にくも膜下出血、2004年2月4日からの人工透析してるPKD(多発性嚢胞腎)患者の闘病を主に書いてます。闘病生活も10年を超えると生き延びる為に自分の病気にやたら詳しくなりマニア化してます。ただし不良透析患者なのでコイツ大丈夫と思われる事も多いと思いますが反面教師として役立てて頂けると幸いです。最後にくも膜下出血して透析してても元気にやって行ける事が多発性嚢胞腎の皆様に伝われば何よりです。

5時間では無くて4時間半透析でした(4/23の透析)

本日は17時5分に着床で待機18分の17時23分スタートです。早く来ても5:25分に来ても穿刺の時間はさほど変わりませんが今日も設定間違えで5時間透析になるかも知れないので早めに来ました(笑)本日の体重は6.9%の増えで6.0kgの増加で何とか約束した7%は超えませんでした。

 

今日の透析の途中経過

透析開始の血圧の上121下67で本日の透析はスタートしました。6kgなら除水出来そうですが無理しても良い事はないので500g残しでの設定にしました。それから一応今日も5時間透析で良いと申し入れしましたが丁重にお断りされました。

 

透析開始から2時間半の定期の血圧測定は上150下81と14年間透析してて2番目に高い血圧なので除水を100g多く追加しました。透析終了前30分の血圧は上120下73でした。

 

今日の透析まとめ

透析終了時の血圧は30分前の上の血圧が120も有ったので割愛でした。今日は先週の水曜の様に最後に血圧低下もなく400g残しで無事に透析終わりました。

 

良いのか悪いのかは判断しかねますがI-HDFになってから最初の30分は除水がHDの時より20から15多く血圧の上が下がるし2時間半の血圧測定は直前に補益が入るので血圧の上はめっちゃ高く150近くになる様です。

 

【追記】

本日は残念ながら5時間透析では無くて4時間半の透析でした。診療報酬の改定を知らなかった様に長岡市内でO-HDFで5時間、針15Gで行う施設が有る事も知らない様です。

 

なんちゃってHDFでは無い環境で5時間透析で針15Gは魅力的です。加えて在宅透析の選択肢も有る。

 

今の施設は月曜のみ希望者は4時間半で口煩い人は週3回4時間半でそれ以外は4時間の透析です。吸着剤と患者の節制が基本なのでドライウェイトが85kgある自分には厳しい環境と再認識してる今日この頃です。