闘病マニア

1999年3月21日にくも膜下出血、2004年2月4日からの人工透析してるPKD(多発性嚢胞腎)患者の闘病を主に書いてます。闘病生活も10年を超えると生き延びる為に自分の病気にやたら詳しくなりマニア化してます。ただし不良透析患者なのでコイツ大丈夫と思われる事も多いと思いますが反面教師として役立てて頂けると幸いです。最後にくも膜下出血して透析してても元気にやって行ける事が多発性嚢胞腎の皆様に伝われば何よりです。

ワンフロアーで行う透析治療に思う事

透析治療は個室で行う施設も有りますが稀で一般的にはワンフロアーに仕切りも無く透析ベッドが並べられた中での透析だと思います。

 

自分は個室での透析は一度も経験無くワンフロアーの仕切り無しの透析を受けて14年目になります。

 

個人情報保護って何

隣の人が居なくなってどうしたのと看護師に聞くと個人情報なので言えないと言われますが透析中テレビを見ない自分は周りの声が良く聞こえていて大まかな内容は知ってました。

 

隣のベッドとは1mも離れてないので隣の人の治療内容などはハッキリと見聞き出来るので今更個人情報と言われても困ります。

 

良く聞こえます

透析中はテレビを見ないので人の声は良く聞こえます。加えて闘病マニアなので病気の勉強を少ししてるので薬の名前や治療の処置などを見聞きするだけで原疾患や現在の病状などが大概分かってしまいます。

 

なので隣の人へ処置が如何な物かと思う処置を行ってる事も有りますが個人情報なので黙って聞いてますが、もし自分がその状況ならその処置はやめてもらい別の処置をしてもらってます。

 

その他の問題

片田舎の病院なので仕方が無いのかも知れませんが男女が同じフロアーなのは強靭なメンタルなおばちゃんや婆ちゃんなら良いですが若い子には厳しく問題だと思ってます。

 

それから匂いの問題ですが汗をかいたままなのか洗濯してないのか分かりませんが悪

臭がする人がいるようです。その場合は患者衣に強制的に着替えさせて欲しいです

 

 

自分の場合

自分の場合はブログに血液検査の結果や日々の透析内容を書いてるので見聞きされても困る事は無いですが他の人の治療内容が聞こえるのは勘弁して欲しいです。特に地声の大きな看護師は勘弁して欲しいですね。

 

自分は気にならないけど人に治療内容を聞かれるのが嫌な人は気にされるので病院経営が大変な事は重々承知ですがもう少し配慮が必要だと常々思ってます。