闘病マニア

1999年3月21日にくも膜下出血、2004年2月4日からの人工透析してるPKD(多発性嚢胞腎)患者の闘病を主に書いてます。闘病生活も10年を超えると生き延びる為に自分の病気にやたら詳しくなりマニア化してます。ただし不良透析患者なのでコイツ大丈夫と思われる事も多いと思いますが反面教師として役立てて頂けると幸いです。最後にくも膜下出血して透析してても元気にやって行ける事が多発性嚢胞腎の皆様に伝われば何よりです。

無機リンに付いて

自分の場合はバナナを毎日食べてもカリウムは4.2しか上がらないけどリンは高いので今回はリンに付いて書いて見ました。透析導入になると栄養指導でリンやカリウムの多い食品を摂取しない様に食事指導を受けました。

 

栄養指導では

リンの多い食品として「肉類、魚介類、卵類、大豆製品」が言われました。更に避けた方が良い食品として「乳製品、加工食品、練り製品、干物、レバー、そば、小魚、ナッツ類」を言われました。

 

リン酸塩

栄養指導では加工食品や練り製品が駄目と言われるけど何が駄目か詳しく教えてもらえませんでしたが直ぐにリン酸塩が頭に浮かびました。

 

リン酸塩は酸味料、結着剤、乳化剤、PH調整剤、調味料(アミノ酸等)、イーストフード、かんすい、膨張剤として使用された場合は一括表示が認められていてリン酸塩を使用しても表示されません。

 

中にはリン酸塩と表示されてる商品も有りますがリン酸塩は添加物名の記載を義務付けられていないのでリン酸塩が使用されているのか分からないことが大半です。

 

食品表示を良く見る

タンパク質を摂取してないのに血液検査の無機リンの数値が高くなる事が多々有ります。理由としてリン酸塩を過剰摂取したと疑われます。現在の社会環境ではリン酸塩を避けた食事は不可能に近いので酸味料、結着剤、乳化剤 、pH調整剤、調味料(アミノ酸等) 、イーストフード、かんすい、膨張剤の食品表示を見てなるべく使ってない食品を選びたいと思います。

 

【追記】

ファミレスやコンビニのパスタ、ドリンクバーのコーヒー等にはリン酸塩が使われてる可能性が捨てきれ無いので便利ですが取り急ぎそこら辺を避ける様に心掛けます。