闘病マニア

1999年3月21日にくも膜下出血、2004年2月4日からの人工透析してるPKD(多発性嚢胞腎)患者の闘病を主に書いてます。闘病生活も10年を超えると生き延びる為に自分の病気にやたら詳しくなりマニア化してます。ただし不良透析患者なのでコイツ大丈夫と思われる事も多いと思いますが反面教師として役立てて頂けると幸いです。最後にくも膜下出血して透析してても元気にやって行ける事が多発性嚢胞腎の皆様に伝われば何よりです。

血液検査の結果退院の目処が立つ(6/4の透析)

昨日(6/4)は10時2分に着床で待ち11分の10時13分スタートです。昨日(6/4)の体重は3.9%の増えで3.4kgの増加でした。

 

昨日(6/4)の透析の途中経過

透析開始の血圧の上105下63で昨日(6/4)の透析はスタートしました。血圧低下予防の為に液温は開始から35℃と寒いので今回からフリースの上着を着用し体幹を冷やさない事にしました。

 

今日も30分毎の血圧測定で開始30分の血圧は上105下65、1時間の血圧上90下60、1時間半の血圧は上85下57と下がったので20分毎の血圧測定になりました。

 

透析開始から2時間15分の血圧は上101下64、2時間35経過の血圧は上88下60、2時間55分経過の血圧は上98下68、3時間15分経過の血圧は上98下61、3時間35分経過の血圧は106下61、3時間55分の血圧は110下62でした。

 

昨日(6/4)の透析まとめ

透析終了10分前の血圧は上105下58と高かったので透析終了時の血圧測定は割愛になりました。

 

6/4は血液検査の日でリン5.7、CRP0.70と下がりました。リンは入院先なので透析量を増やす訳にはいかず病院食なのにタンパク制限して下げました。感染症に関してはCRPが0.70まで下がったので6/6(水)透析、抗菌薬の点滴を終えて何も無ければ退院になるようです。