闘病マニア

1999年3月21日にくも膜下出血、2004年2月4日からの人工透析してるPKD(多発性嚢胞腎)患者の闘病を主に書いてます。闘病生活も10年を超えると生き延びる為に自分の病気にやたら詳しくなりマニア化してます。ただし不良透析患者なのでコイツ大丈夫と思われる事も多いと思いますが反面教師として役立てて頂けると幸いです。最後にくも膜下出血して透析してても元気にやって行ける事が多発性嚢胞腎の皆様に伝われば何よりです。

薬の処方変更

f:id:nannbyou67:20180609010058j:plain

 

medley.life

透析時に退院後ずっと熱が続いてる事を透析の担当医に相談しました。幸いな事に入院先の主治医が丁度金曜の夜間透析の担当医で発熱が退院後も続いてる事を伝えたら「抗菌薬メロペンでCRPが0.7に下がってるので熱の理由が別に有る可能性があるので別の抗菌薬ではなく解熱剤を熱が37.5℃以上の時では無く朝昼晩の食後に処方を変えて様子をみる」と薬の処方の変更が有りました。

 

今迄は37.5℃以上の場合のみ解熱剤のカロナールを飲んでましたが今度は毎食後に飲む事になりました。自分の担当の看護師も自分もそれぞれ毎食後で本当に良いか確認したけど毎食後にカロナール(解熱剤)を1錠飲むそうです。

 

通常より量の多い処方になるのでカロナールの副作用のチアノーゼ、血小板減少、血小板機能低下、出血時間延長、悪心、嘔吐、食欲不振、過敏症などに気を付けて毎食後のカロナール(解熱剤)の摂取による治療を行います。