闘病マニア

1999年3月21日にくも膜下出血、2004年2月4日からの人工透析してるPKD(多発性嚢胞腎)患者の闘病を主に書いてます。闘病生活も10年を超えると生き延びる為に自分の病気にやたら詳しくなりマニア化してます。ただし不良透析患者なのでコイツ大丈夫と思われる事も多いと思いますが反面教師として役立てて頂けると幸いです。最後にくも膜下出血して透析してても元気にやって行ける事が多発性嚢胞腎の皆様に伝われば何よりです。

長岡の病院について思ってる事を書いて見た

自分は長岡に住んでいて血液透析を受けてます。飽きもせず透析してますが今年で13年が過ぎ14年目に突入です。自分の周りには30年透析がザラにいるので未だ未だひよっ子で精進しないとです。

 

 

長岡の医療環境は可もなく不可もなし

自分は長岡で透析を受けてる訳ですが学会などで有名な「スーパードクター」も居ないけどSNSで稀に聞く「とんでもドクター」も居ません。多発性嚢胞腎の患者会や全腎協の青年研修会で交流して得た情報を勘案すると長岡の医療環境は最高では無いけど最悪でもなく、中の上と感じてます。

 

長岡で稀有な病気の治療は難儀する

なので自分のような多発性嚢胞腎という稀有な病気だと長岡で専門医に出会う事が難しくPKDFCJ(多発性嚢胞腎財団日本支部)から情報の大半を得る事になります。未だに長岡のドクターから肝嚢胞のことを言われた事が無いのが良い例です。

 

長岡の透析施設のQB、透析時間

現時点で自分の知る限りの長岡の透析施設のQB、透析時間は下記の様に聞いてます

 

立川綜合病院

QB MAX300、時間MAX5時間

 

長岡赤十字病院

QB MAX250、時間MAX4時間半

 

長岡中央綜合病院

QB MAX250、時間MAX5時間

 

喜多町診療所

QB MAX350、時間MAX4時間半

 

自分もこのQBと透析時間を聞いた時、転院したいと思った位なので長岡の保存期の方がこのブログを見て参考にして頂ければ幸いです。ただし透析の良し悪しはQBと透析時間だけで決まる訳では無いので含み置いて下さい。

 

まとめ

長岡で透析出来る所は他の地域とは異なりどこも30年透析がザラに居るのでお任せ透析でも問題が無いのかも知れません。ベターな透析を求めるなら何処でも変わらないと思いますがベストな透析を求めると透析量に差があるので一度考えて見るのも良いと思います。又、長岡の総合病院は土日が休診の為月曜から金曜まで働いてる人は仕事を休まないと駄目な事は自分的には厄介です。