闘病マニア

1999年3月21日にくも膜下出血、2004年2月4日からの人工透析してるPKD(多発性嚢胞腎)患者の闘病を主に書いてます。闘病生活も10年を超えると生き延びる為に自分の病気にやたら詳しくなりマニア化してます。ただし不良透析患者なのでコイツ大丈夫と思われる事も多いと思いますが反面教師として役立てて頂けると幸いです。最後にくも膜下出血して透析してても元気にやって行ける事が多発性嚢胞腎の皆様に伝われば何よりです。

知らぬが仏

世の中では知らない方が幸せな事は多々あります。今回の嚢胞感染が分かってたのは前回退院した直後に新潟市で開催された腎臓学会学術総会で東京で診てもらった事のある多発性嚢胞腎の専門医と20分お話する時間が有り嚢胞感染が1年以内に何度も再発するのは治療方法に問題が有ると言われ対策も聞いてました。この事を知らなければ今回の入院は「また嚢胞感染か仕方ない」と思って終わりですが知ってしまった現在では限りなく医師の抗菌薬の使い方に疑問を抱いてます。

 

また透析治療でも看護師から「私たちも最大限の努力をしてるので頑張って」ってと、たまに言われますが知らなければ素直に「頑張ります」で終わりますが、通常自分と同じ体格・体重の人は1つ大きなサイズのダイヤヘモフィルターを使ってる事を知っているので最大限の努力をしてはいないと思ってるので「ハイハイ」としか答える事が出来ません。

 

闘病以外でもサンタの服が赤いのはコカコーラのCMの為とか「心頭滅却すれば火もまた涼し」という言葉を残した快川紹喜は焼け死んだりなど世の中には知らない方が幸せな事は枚挙にいとまがないです。とは言え知ってしまう事も多々有るので知らない振りをしてやり過ごすのも人生、やり過ごさず立ち向かうのも人生と思ってます。知らないって事は幸せなのかも知れないと最近つくづく思います。