闘病マニア

1999年3月21日にくも膜下出血、2004年2月4日からの人工透析してるPKD(多発性嚢胞腎)患者の闘病を主に書いてます。闘病生活も10年を超えると生き延びる為に自分の病気にやたら詳しくなりマニア化してます。ただし不良透析患者なのでコイツ大丈夫と思われる事も多いと思いますが反面教師として役立てて頂けると幸いです。最後にくも膜下出血して透析してても元気にやって行ける事が多発性嚢胞腎の皆様に伝われば何よりです。

嚢胞感染した時に行く病院が変更になりました

前回多発性嚢胞腎の専門医の診察を受けたら今後発熱した場合は専門医のいる病院に行くように現在通ってる透析の施設から指導が有りました。

 

自由診療と建前では言われてるけど何かと棲み分けが有り現実には自由に医療機関を選べない医療業界なので病院の変更の指導には驚きました。

 

今までは車で5分で行ける所に病院は有ったけど今後は30分掛かるので少し大変になります。

 

妹曰く「大雪の時の運転は嫌なのでその時は救急車呼ぶ」との事なので冬場は入院し無いように体調管理を今まで以上に気を付けたいと思います。