闘病マニア

1999年3月21日にくも膜下出血、2004年2月4日からの人工透析してるPKD(多発性嚢胞腎)患者の闘病を主に書いてます。闘病生活も10年を超えると生き延びる為に自分の病気にやたら詳しくなりマニア化してます。ただし不良透析患者なのでコイツ大丈夫と思われる事も多いと思いますが反面教師として役立てて頂けると幸いです。最後にくも膜下出血して透析してても元気にやって行ける事が多発性嚢胞腎の皆様に伝われば何よりです。

お年寄りは病院情報を良く知っている

今年のお盆で色々な人と話したけど年寄りと話す機会が多かったので普段の年より医療情報の交換が沢山出来ました。

 

沢山情報交換したなかで、とある診療課は自分も疑問には思っていたけどかなりの数の人が不信に思っていることが分かりました。この不信に思ってる内容をネットで書くと訴えられたりするので酒の席での話にさせて頂きます。

 

それとは別の話ですが胃内視鏡の話は今回良く話題に上がり鼻からと口からの話がよく出てました。当然鼻からの方が嘔吐反応が少ないので楽なのですが口からの内視鏡を勧めるドクターの説明が酷く大笑いさせて頂きました。

 

患者が知らないからって言って限り無く嘘に近い事を言って処置を進めては駄目と感じました。透析してる所でも患者が知らないと無茶苦茶な説明や処方をする看護師が居るので仕方ない事なんですかね。

 

ただし世の中には知らない方が幸せなことが多々有り無茶苦茶な事を言われても知らぬふりをしてやり過ごす事が多いです。今回も聞かなければ良かったと思うことが多々有り「やっぱりそうだったか」と心の中で思い巻き込まれない様に注意しようと思った次第です。