闘病マニア

1999年3月21日にくも膜下出血、2004年2月4日からの人工透析してるPKD(多発性嚢胞腎)患者の闘病を主に書いてます。闘病生活も10年を超えると生き延びる為に自分の病気にやたら詳しくなりマニア化してます。ただし不良透析患者なのでコイツ大丈夫と思われる事も多いと思いますが反面教師として役立てて頂けると幸いです。最後にくも膜下出血して透析してても元気にやって行ける事が多発性嚢胞腎の皆様に伝われば何よりです。

怒りがモチベーション

入院した時に毎回体格の良い方と申し送りされますが関係者である妹は「にいちゃん体格の良い方はデブって意味の業界用語だから痩せな」と入院する度に言われてました。

 

そんな言葉も無視してましたがこの4月からダイヤライザーの膜面積が25から21と小さくなり透析不足と思われる症状が出てきたのでこのままでは駄目だと思い中世脂肪を下げる主目的も有り体重を落とす事にしました。

 

目標はBMI25以内なので現在83kgなので後11kg落とさないとですが透析不足を認めない方に透析不足を示すには体重を落として毎食栄養成分をレコーディングして食事の摂取にも問題がない事を示せば残すは透析不足なので「膜を元の面積に戻しましょう」って言わせたい怒りがモチベーションになって現在も糖質制限は続いてます。