闘病マニア

1999年3月21日にくも膜下出血、2004年2月4日からの人工透析してるPKD(多発性嚢胞腎)患者の闘病を主に書いてます。闘病生活も10年を超えると生き延びる為に自分の病気にやたら詳しくなりマニア化してます。ただし不良透析患者なのでコイツ大丈夫と思われる事も多いと思いますが反面教師として役立てて頂けると幸いです。最後にくも膜下出血して透析してても元気にやって行ける事が多発性嚢胞腎の皆様に伝われば何よりです。

糖質制限してから初の飲み会

f:id:nannbyou67:20180826121939j:plain

昨日(8/25)は久々に新潟競馬場に行ってきました。競馬した後は勝てば祝勝会、負ければ反省会として飲み会をしてます。昨日は9レース購入して1つしか当たらなかったけど配当が良かったので収支はプラスで祝勝会のはずが負け数が多かったので反省会になりました。

 

飲み会はわがままが出来る馴染みの場所なので気兼ね無く計量器を持ち込んで重さを計りながらの飲み会になりました。飲み会の乾杯は普通ビールですが長岡市は日本酒での乾杯を条例で制定してますがビール、日本酒共に糖質が高いので赤ワインで乾杯しました。乾杯を終えたらレモンサワーでした。今回の飲み会で食べた内容はこんにゃく62.4g、牡蠣67.3g、イカ刺し31g、栃尾の油揚げ 29g×3、もずく121g、白えび26gでした。長岡には食べ応えのある栃尾の油揚げが有るので腹もちも良く助かりました。一次会の締めの一杯は計算したら糖質に余裕が有ったので〆張鶴の雪(160cc、糖質7.8g)にしました。

 

二次会は馴染みのバーでトワイスアップとハーフソーダバーボンのストレートでした。ウヰスキーを水や炭酸水で割る飲み方は自分には合わないと再確認しました。昨日は二次会で終了で競馬場で歩かなかったので運動不足なので飲み会が終わったら3.3km歩いて帰宅しました。

 

追記

長岡で飲む場合は栃尾の油揚げを上手に使うと糖質制限していても飲み会での糖質コントロールが楽な事が分かったのが収穫です。