闘病マニア

1999年3月21日にくも膜下出血、2004年2月4日からの人工透析してるPKD(多発性嚢胞腎)患者の闘病を主に書いてます。闘病生活も10年を超えると生き延びる為に自分の病気にやたら詳しくなりマニア化してます。ただし不良透析患者なのでコイツ大丈夫と思われる事も多いと思いますが反面教師として役立てて頂けると幸いです。最後にくも膜下出血して透析してても元気にやって行ける事が多発性嚢胞腎の皆様に伝われば何よりです。

早い段階での適切な処置は病気を悪化させない

今回の嚢胞感染による発熱もマクロライド系の抗菌薬を飲んで収束しました。過去に嚢胞感染で入院した時は全てニューキノロン系の抗菌薬を処方された時だけです。ニューキノロン系の抗菌薬は多発性嚢胞腎(PKD)診療ガイドラインにも推奨されるとは言われてますが耐性菌に留意すべきと言われてます。

 

ニューキノロン系の薬は自分には効きが良くない事は申し送りしてますがマクロライド系が効果がある事を納得されてない医師が居るので少し厄介な治療環境です。でも今回は発熱して直ぐにマクロライド系の抗菌薬を処方するドクターに診てもらえ直ぐに処方してもらい薬を飲んで1日目で熱が下がりました。

 

治療方法の有る病気は全て早期発見早期治療で治りが良いので今回は助かりました。今回は早期発見早期治療に加えて適切な薬の選択が有ったので一段と早い嚢胞感染の発熱の収束になりました。

 

もしも発熱が1時間遅れてたらマクロライド系は処方を躊躇うドクターの診断になっていたので過去の診断結果と同じだと仮定すると発熱の期間が長引くか入院になってたと思われ今回は不幸中の幸いでした。兎に角早い段階で適切な処置を行えば病気は悪化しない事を再認識しました。