闘病マニア

1999年3月21日にくも膜下出血、2004年2月4日からの人工透析してるPKD(多発性嚢胞腎)患者の闘病を主に書いてます。闘病生活も10年を超えると生き延びる為に自分の病気にやたら詳しくなりマニア化してます。ただし不良透析患者なのでコイツ大丈夫と思われる事も多いと思いますが反面教師として役立てて頂けると幸いです。最後にくも膜下出血して透析してても元気にやって行ける事が多発性嚢胞腎の皆様に伝われば何よりです。

健康診断

昨日は会社の健康診断でしたがその時の他の人の会話を聞いてるとあり得ない話しが小耳に入り、健常者の医療の知識って話半分にして聞かないとと再認識しました。

 

あり得ないと特に思ったのが胃カメラ 麻酔無しで行うと言ってる事と脂質異常で中性脂肪を指摘されたら食べるものが無いと言っている。

 

自分過去20年毎年最低1回は胃カメラしてますが麻酔無しで行った事は一度も有りません。大きな胆管炎の手術の場合は全身麻酔ですがその他は局所麻酔必ずします。

 

脂質異常で中性脂肪の事を指摘され炭水化物と脂質の摂取を控えるよう言われ牛肉など食べるように指導されたら牛肉食べないので食べる物が無いと言う始末。これ以上話を聞いてると具合が悪くなるので席を外しました。

 

毎年恒例の健康診断での与太話を聞く度に自分の多発性嚢胞腎の病状説明は理解されてない事をつくづく思い知らされます。