闘病マニア

1999年3月21日にくも膜下出血、2004年2月4日からの人工透析してるPKD(多発性嚢胞腎)患者の闘病を主に書いてます。闘病生活も10年を超えると生き延びる為に自分の病気にやたら詳しくなりマニア化してます。ただし不良透析患者なのでコイツ大丈夫と思われる事も多いと思いますが反面教師として役立てて頂けると幸いです。最後にくも膜下出血して透析してても元気にやって行ける事が多発性嚢胞腎の皆様に伝われば何よりです。

「筋を通して」とは「常識が無い」と理解しました

 

f:id:nannbyou67:20180909053250j:plain

9/8(土)に心臓の専門医に心臓のスクリーニングに付いて相談しに行きました。心臓の専門医に診察するに当たり現在通っている透析施設に話を通したら個人病院なので紹介状は必要無く診察してきたら報告して下さいとの事でした。

 

「紹介状は無いのか?」って思いながら心臓の専門医の所に診察でした。診察室に呼ばれたら「通常心エコーは透析の施設で行うので何で来たの」と言われたので「今の施設で13年と7カ月透析してますが心エコーや腎エコーはした事は無い」と言ったら「ADPKDなので紹介状を書くの筋、紹介状を持って総合病院へ行って下さい。なので今日は診察しません」とやんわりと常識が無いと言われました。

 

今の透析施設は腹部CTも外部委託で今年からは多発性嚢胞腎の専門医の所で診てくれと言われたので今の透析施設では胸部レントゲン・心電図・血液検査しか検査という検査はしてません。本来なら別の透析施設に移籍したい所ですが通院時間5分には代え難いので何とか県内・近県・東京の中で土曜に心エコーをしてくれる施設を探したいと思います。