闘病マニア

1999年3月21日にくも膜下出血、2004年2月4日からの人工透析してるPKD(多発性嚢胞腎)患者の闘病を主に書いてます。闘病生活も10年を超えると生き延びる為に自分の病気にやたら詳しくなりマニア化してます。ただし不良透析患者なのでコイツ大丈夫と思われる事も多いと思いますが反面教師として役立てて頂けると幸いです。最後にくも膜下出血して透析してても元気にやって行ける事が多発性嚢胞腎の皆様に伝われば何よりです。

環境を良くする為の有料化・値上げは有用

2年に一度位の割合で「マナーを向上させるには有料化・値上げは有用」投稿されてますが今回はネズミーランドの値上げが取り上げられていてマナーの悪い人種が激減してると言ってました。他にもお稽古教室の有料化でクレーマーが消える事などで一部の層を振るい落とし環境をよくするための有料化・値上げはほんと有用だと痛切に思いました。

 

この事は腎友会にも当てはまると思ってます。自分の場合は交通費13,000円使ってでも有益で聴きたい多発性嚢胞腎の講演会は駆けつけますので新潟の腎友会でも無料で無く500円の少額で有益な講演会や勉強会を開催して欲しいと思っています。

 

有料な勉強会にすれば違法コピーなどせず書籍や配布物の代金に当て全国の有名な医師の透析についての意見が聞けると思います。ただしその結果自分の透析環境が悪い事が判明する可能性が高いですがそれは事実として受け止めて頂きたいと考えてます。

 

【追記】

全国で有名な透析医の話を聴くと他の国の話を聞いた感覚に襲われ同じ日本での出来事なのかと思います。意欲のある透析医の透析の話を聞くと最近では絶望感に襲われるので知らぬが仏で何も知らずにお任せ透析方が幸せなのではと思う事が多くなってます。