闘病マニア

1999年3月21日にくも膜下出血、2004年2月4日からの人工透析してるPKD(多発性嚢胞腎)患者の闘病を主に書いてます。闘病生活も10年を超えると生き延びる為に自分の病気にやたら詳しくなりマニア化してます。ただし不良透析患者なのでコイツ大丈夫と思われる事も多いと思いますが反面教師として役立てて頂けると幸いです。最後にくも膜下出血して透析してても元気にやって行ける事が多発性嚢胞腎の皆様に伝われば何よりです。

様子を見て嚢胞感染

下痢が2週間続いてましたが様子見ましょうって事でしたが様子見てたら嚢胞感染になりました。

 

10月6日(土)の日お腹の調子が悪いので水曜の夜に透析を診てもらってる医師のクリニックに行って来ました。朝6時時点での体温は36.7℃でお腹がゴロゴロしている状態で診察してもらいました。

 

診察して触診したら先生一言「熱がある」、で体温を計ったら38.4℃でした。熱がある事以外何も無いので多分下痢が原因の嚢胞感染のようです。

 

抗菌薬と整腸剤を処方され帰宅しましたが熱は39.7℃迄上がってました。幸か不幸か三連休の初日の発熱なので三日間寝て過ごす予定です。

 

【追記】

2週間何しても駄目だった下痢が抗菌薬飲んだら止まりました。