闘病マニア

1999年3月21日にくも膜下出血、2004年2月4日からの人工透析してるPKD(多発性嚢胞腎)患者の闘病を主に書いてます。闘病生活も10年を超えると生き延びる為に自分の病気にやたら詳しくなりマニア化してます。ただし不良透析患者なのでコイツ大丈夫と思われる事も多いと思いますが反面教師として役立てて頂けると幸いです。最後にくも膜下出血して透析してても元気にやって行ける事が多発性嚢胞腎の皆様に伝われば何よりです。

「様子を見ましょう」と直ぐに言う医師

嚢胞感染の疑いが有る場合にお守りとして抗菌薬を出す医師と直ぐに「様子を見ましょう」と言う医師が自分の周りに居ますが今回は様子を見て一歩間違えて抗菌薬の投与が遅れていれば入院でした。

 

両名供に10年近くお付き合いしてますが嚢胞感染で入院になった時は全て「様子を見ましょう」って言う医師が初動です。まあ10年で触診を一度しかしない医師なので言わずと知れた結果で過去入院した時の初動は全てこの医師の時です。

 

自分の場合は「しばらく様子を見ましょう」「とりあえず」「ストレス」などを頻繁に言う医師の話しは話半分にして聞いてます。ちゃんとした医師は「わからない」とハッキリ言ってくれます。

 

今の自分の今現在置かれている医療環境では自分の身は自分で守るしか無いので引き続き確り勉強して病状が急変して入院する事の無いように精進したいと思います。