闘病マニア

1999年3月21日にくも膜下出血、2004年2月4日からの人工透析してるPKD(多発性嚢胞腎)患者の闘病を主に書いてます。闘病生活も10年を超えると生き延びる為に自分の病気にやたら詳しくなりマニア化してます。ただし不良透析患者なのでコイツ大丈夫と思われる事も多いと思いますが反面教師として役立てて頂けると幸いです。最後にくも膜下出血して透析してても元気にやって行ける事が多発性嚢胞腎の皆様に伝われば何よりです。

DU薬自分には下剤より下剤らしい薬です(笑)

口径セフェム系の抗菌薬を飲んだけど10分もしない間にお腹がゴロゴロいっている。出された薬はセフジトレンピボキシル錠で先発薬はメイアクトMS錠で経口第3セフェムで俗に言うDU薬でした。

 

経口第3セフェムは全てお腹が緩くなるので処方された時から嫌な予感はしてましたが限界なので本日(10/19)全て薬を戻してニューキノロン系のクラビットを処方して貰える様に透析前に交渉して来ます。