闘病マニア

1999年3月21日にくも膜下出血、2004年2月4日からの人工透析してるPKD(多発性嚢胞腎)患者の闘病を主に書いてます。闘病生活も10年を超えると生き延びる為に自分の病気にやたら詳しくなりマニア化してます。ただし不良透析患者なのでコイツ大丈夫と思われる事も多いと思いますが反面教師として役立てて頂けると幸いです。最後にくも膜下出血して透析してても元気にやって行ける事が多発性嚢胞腎の皆様に伝われば何よりです。

日本での自分の常識は「間違えたら謝る」です(10/24の透析)

昨日(10/24)は17時33分に着床で待ち6分の17時39分スタートです。昨日(10/24)の体重は83.5kgの4.4%の増えで3.5kgの増加でした。

 

昨日(10/24)の透析の途中経過

透析開始の血圧の上118下78で昨日(10/24)の透析はスタートしました。増加少ないので500g除水多い設定にしてもらいました。透析開始から2時間半の血圧測定は上115下76でした。透析終了前30分の血圧は上104下70でした。

た。

 

昨日(10/24)の透析まとめ

透析終了時の血圧は30分前の血圧の上が100を超えてたので血圧測定は割愛でドライウエイトより400g多く除水して透析治療は終わりました。今日の収獲は「先週末の金曜の普段取らない食事を取ったのにも関わらずドラウエイトで帰った件で除水設定間違えてますね」と月曜日に聞いたら「よくそう言われるけど除水は合ってます」と有り得ない回答を頂きました。

 

昨日はどう考えても多く除水をしてるので納得行かないので再度確認してくれと別の看護師に聞いたら間違いは認めませんでしたが「除水を多くしてる」との最低限の希望した回答を何とか聴き出しました。本当に医療関係者は間違えても謝らない人が多くて困ります。

 

【追記】

基本的に日本だと謝りますがL.A.に住んでいるなら絶対に誤らす裁判で白黒付けると思います。「郷に入っては郷に従え」で基本的に長い物には巻かれる様に心掛けてます(笑)