闘病マニア

1999年3月21日にくも膜下出血、2004年2月4日からの人工透析してるPKD(多発性嚢胞腎)患者の闘病を主に書いてます。闘病生活も10年を超えると生き延びる為に自分の病気にやたら詳しくなりマニア化してます。ただし不良透析患者なのでコイツ大丈夫と思われる事も多いと思いますが反面教師として役立てて頂けると幸いです。最後にくも膜下出血して透析してても元気にやって行ける事が多発性嚢胞腎の皆様に伝われば何よりです。

食事制限への心がけ

食事制限は腎臓病の保存期の時と現在透析導入してるので毎日透析に合わせた食事制限を行ってます。

 

自分の座右の銘は「It is no use crying over spilt milk.」で日本語で言うと「これたミルクを嘆いても仕方ない」です。なので食事制限で食べる事が出来なくなっても嘆く暇があるなら食べる事の出来る食材を大切にして食事を楽しむ様にしています。

 

そう思えるのも小さい時からの魚のタンパク質のアレルギーが有り魚はNG食材なので魚以外でやり繰りする事が当たり前なので魚を使ってない物を食べることは結構難しいので魚を使わない美味しい料理を色々調べて作ったりするのが楽しかったです。

 

食事制限をされると食べる物が無いと言われる方が結構な数居ますが自分の場合はくも膜下出血からの生還なので明石家さんまさんの座右の銘の「生きてるだけで丸儲け」が心に染み付いているので食べる事の出来る食材で楽しむ事を心がけてます。