闘病マニア

1999年3月21日にくも膜下出血、2004年2月4日からの人工透析してるPKD(多発性嚢胞腎)患者の闘病を主に書いてます。闘病生活も10年を超えると生き延びる為に自分の病気にやたら詳しくなりマニア化してます。ただし不良透析患者なのでコイツ大丈夫と思われる事も多いと思いますが反面教師として役立てて頂けると幸いです。最後にくも膜下出血して透析してても元気にやって行ける事が多発性嚢胞腎の皆様に伝われば何よりです。

何か違う気がする

ミヤBMを処方してくれとお願いしたらラックビー錠の処方

 

・抗菌薬のニューキノロン系のレボフロキサシンを処方してるのに抗菌薬耐性乳酸菌製剤が無い薬局

 

・鎮痛剤を出すのに胃薬を処方しない医師

 

・多発性嚢胞腎なのにCRPが0.3mg/Lを下回らないのに抗菌薬を止める医師達

 

・触診をしない医師

 

最近疑問に思った事を箇条書きにしましたが細かな事を上げればこの他にも沢山あり過ぎて書くのも馬鹿馬鹿しくなりますが何か違う気がしてなりません。